砂漠のオレ竜ごんくんのおもしろ動画倉庫

  • 【エヴァ】大人のキスよ...帰ってきたら続きをしましょう
  • 【高田純】NHKの大罪・楼蘭遺跡周辺の不都合な真実 [桜H21/10/6]
  • soft machine Tale of Taliesin
  • IF WE HOLD ON TOGETHER / Diana Ross
  • Kyou Koi Wo Hajimemasu! Drama CD by Minami Kanna
  • Soukou No Strain Opening
  • Clem Clempson from Colosseum
  • HOT CAMERON DIAZ
  • Katharine McPhee Singing "Unforgettable" & "Somewhere"
  • girls☆ranking
    ここを友達に教える
    おすすめベスト10!
    1.草野仁
    2.鈴村健一
    3.豊岡真澄
    4.都合のいい女
    5.スカイハイ
    6.ダンジョンキーパー
    7.ミッドナイトホラースクール
    8.カメムシ
    9.スタンド・バイ・ミー
    10.時刻表

    i-mobile
    [新着人気サイト]
    フォー・ルームス(アメリカ公開バージョン) [VHS]  コミカルで、単純に解りやすい作品が4点、一度に楽しめる作品である。
     95年当時、アメリカで話題になっていた監督が集結し、コレだけの俳優を集められる作品は滅多にないように思う。
     個人的には、アントニオ・バンデラス氏のファンなのもあるが、ロバート・ロドリゲス監督の子役の起用の仕方には舌を巻いてしまう。

     クェンティン・タランティーノ氏の監督、俳優としての多才振りも良い。4話めは殊に切れが良く、小気味良いテンポに引きずり込まれてしまう感がある。
     奇妙だと感じていたティム・ロス氏の動きが、最後にはなんとなく愛おしささえ感じるようなまとまりが、誠に妙で面白い。

     日本公開時に上映されなかった部分も観れて、何となく得した気分になる作品である。


    奏光のストレイン (ドラゴンコミックス (DC77-1)) アニメ奏光のストレインよりも若干過去から描かれています。途中からアニメ版主人公のセーラが合流して来ますが、マンガ版の主人公であるロッティ視点で物語は進みます。

    U.G.Eさんの描くロッティがかなりカワイイ!が、それ以上に緻密なメカの描写が素晴らしく、スピードが感じられるストレインの戦闘描写は圧巻です。

    一話ごとに「科学講座なぜなにストレイン」という某アニメを彷彿させるマンガが掲載されており、スクール水着やブルマ姿(亜光速では定説らしい・・・)のロッティとジェッシィがくわしく設定などを説明してくれます。アニメを観た事がある人はこれだけでも読む価値があると思います。

    続きが描けそうな終わり方をしているので、ぜひとも続編を読んでみたいものです。

    奏光のストレイン waltz.VII 初回限定版 [DVD] WOWOWノンスクランブルアニメーション
    『奏光のストレイン』の第12,13話(最終話)を収録したDVD7巻です。
    裏切りから始まった二人の兄妹の信念の物語の終幕です。

    STEP12「リベルタッドの攻防」★★★★☆
     渡邊監督の皆殺し節再来か!?敵艦特攻、敵メカ・トゥモールの艦内侵入から
     戦いは阿鼻叫喚の地獄絵図に。シーンやカットが次々切り替わり、
     修羅場の脂の乗りきった作画、演出、楽曲とも非常にテンションが高く、
     その中で、なんとしてでも生き延びようとする彼らの真っ直ぐな生き様が
     強烈です。また、艦内で襲うメカと人間との大きさの対比が秀抜で、恐怖感を
     煽るのに成功しています。個人的にはあまりメインキャラに被害が及んで
     いないのが残念でした。

    STEP13「ラスト・ワルツ」(終)★★★★★
     自分の信じる道を貫いたラルフとセーラの物語の終わりです。
     ややいいとこ尽くめながら、一人きりだった彼女が一人じゃなかったことに気づく
     絆の深さが温かく心地良いです。広大な宇宙を大胆に使ったストレインの
     一騎打ちメカ描写は最高潮に達し、大画面に映えるまさに劇場版クラスの仕上がりが凄まじいです。
     それと、今まで何気なく観ていたエンディング映像に隠された最後の仕掛けにも驚き。
     まさか最初からそうだったとは・・・。また、第5話でセーラを逆恨みしていた彼女が
     この2話とラストシーンでしっかり成長した姿を見せており、芸の細かい演出にも感心するばかり。
     全13話終始、渡邊監督の執念と気合が滲み出た硬派な作風にすっかり魅了されてしまいました。必見です。

    ☆人気サイトランキング☆

    i-mobile
    
    [ニュース|着メロ|SNS]
    [動画|ゲーム|ヤフオク]
    [便利|辞書|交通]
    [ランキング|天気|メル友]
    [住まい|マネー|ギャンブル]
    メル友募集掲示板☆
    ケータイランキング!
    ★imodeBEST100★
    
    today:017 yesterday:024
    TOTAL:30842