i-mobile
いにしえの焼肉王はるおちゃんのこってり雑記帖

  • Bridget Sloan : 2009 Visa Championships : Day 2.
  • 沢田研二 - 時の過ぎゆくままに
  • 【初音ミク】はじめ人間ギャートルズ
  • Black Water - The Doobie Brothers
  • 【★☆】合唱 『ブラック★ロックシューター』-Band Edition【☆★】
  • 集體freestyle:父親節(Warning: will be boring to ppl who didn't participate)
  • ポポロクロイス物語2 CM
  • 山陽本線・列車各種@船穂
  • CAPCOM ロックマンDASH CM
  • ★imodeBEST100★
    ここを友達に教える
    おすすめベスト10!
    1.The Zombies
    2.寺内貫太郎一家
    3.カズン
    4.地球防衛家族
    5.横山祐一
    6.Wax
    7.スーパードンキーコング
    8.水星
    9.青葉城恋唄
    10.レックレス・エリック

    
    [新着人気サイト]
    終わらざる夏 下 一見、浅田次郎らしからぬ小説、かもしれない。
    主人公だったはずの片岡が中盤まったく登場しなくなるし、とにかく出てくる人物が多い。
    「北千島に残された帝国陸軍最後の精鋭戦車部隊が、終戦後にソ連と戦う」
    という「血わき肉踊る」小説を期待していると、肩透かしにあう。

    だが、途中から著者のもくろみがおぼろげながらわかってくると、止まらなくなる。
    著者が書こうとしたのは、特定の「誰か」にとっての戦争ではない。
    「戦争」そのものであるからである。

    日本側の死者300万。だが、それは決して世界の中で「多い」数字ではない。
    ソ連側の死者は、一説によると2000万を超えるという。
    誰が勝者で誰が敗者なのか。
    わかっているのは、「死者は語れない」ということだけだ。

    物言わぬ死者のために、浅田次郎は「戦争とは何か」を代弁してみせた。
    300万という「数字」を、ひとりひとり、血肉のある「人間」として甦らせた。

    あの極限状況の中で、市井のひとりひとりが、どれだけ人間としての尊厳を守り、
    どれだけ、最後まで「人間」であろうとしたか。
    読み進むほどに、涙が止まらなくなった。

    いつもの「浅田節」はむしろ、控えめであるのに。

    函館高女の女子高生たち400人を無傷で戻そうと尽力する
    日魯漁業の社員と兵士たちのエピソードが、唯一の光明となって
    胸に明るい灯をともす。

    「また遊ぼうね。――戦争が、終わったらね。」

    8月15日が近づいてくる。
    「終わらざる夏」の登場人物たちに降りかかった出来事は、
    決して他人事ではない。

    戦争は、始まってしまうのではなく、私たちが始めてしまうものなのだ。
    決して、彼らの犠牲を無駄にしてはならない。
    強く、そう思った。


    桜見丘 アニメのポポロ、ポポロクロイス月の掟の冒険の主題歌として使われてるこの曲ですが、とても澄み切った声の中にほんのり暖かみさが感じられます。これこそポポロに合う最高の曲ではないでしょうか。また、ポポロに全然興味の無い人が聴いてもとても良い曲だと思います。聴いてるだけで心が暖まります。
    いろんな人に一度は聴いてほしいオススメの曲です。

    涙色の空 ロックしてるなあ。
    この頃,ロックはもちろんジャズも,聞き手に媚びた企画物が多い。CDが売れないからだとは思うけど,産業はもちろん音楽そのものがしゃんとしなくなってる感じだ。
    その点,ジュリーはいい。表面は芸人風だが,中身は鋼鉄という感じだ。
    このアルバムの音も前作「Pleasure Pleasure」の流れを汲んでいるが,所々コーラスに工夫が見える。4曲でジュリーのロック心を充分堪能できる。

    ☆人気サイトランキング☆

    i-mobile
    
    [ニュース|着メロ|SNS]
    [動画|ゲーム|ヤフオク]
    [便利|辞書|交通]
    [ランキング|天気|メル友]
    [住まい|マネー|ギャンブル]
    メル友募集掲示板☆
    ケータイランキング!
    ◆画像の森◆
    
    today:020 yesterday:024
    TOTAL:48053