i-mobile
ぼくらのカロテンうんくんの衝撃動画王国

  • 井上智子先生の「立高恩師の最終講義」
  • That's the World of Warcraft That You Play!
  • Lizard - Love Song (1978)
  • Brand X - Euthanasia Waltz
  • RAW or JPEG?
  • 石原慎太郎傲岸不遜
  • Panzer Front - Villers-Bocage
  • ベッカムロングパス
  • The Lord My God My Shepherd Is (El Señor mi Dios mi Pastor es) (主耶和華我牧者)
  • ◆画像の森◆
    ここを友達に教える
    おすすめベスト10!
    1.黄金時代
    2.無料着メロ
    3.さとう珠緒
    4.広谷順子
    5.丸山みゆき
    6.GREE
    7.荒野の決闘
    8.浅野いにお
    9.ビックリマン
    10.UA

    i-mobile
    ★imodeBEST100★
    Unorthodox Behavior ピーガブが抜けた後のジェネシスでフィル・コリンズはヴォーカルを担当していましたが、彼はもともと凄腕ドラマーでもあったので、そっちでのキャリアも積みたいと思っていました。そんな時誘われたのがこのバンドでした。そのため、実際にはこのバンドはフィル中心のバンドではありません。勘違いされてる方もいるようなので先に述べておきます。
    メンバーはフィルに加えて世界屈指(イギリスではなくて)の超絶技巧を持つフレットレス・ベーシスト、パーシー・ジョーンズ。エッジの効いた速引きギタリスト、ジョン・グッドサル。妖しい音色のミニムーグを操るロビン・ラムリーの4人です。当時、フィルとパーシーのコンビはイギリス最強のリズム隊とでも呼ばれていたそうです。
    アルバムは疾走感あふれる「Nuclear Burn」で幕を開けます。その後はその緊張感をほぐすかのようなゆったりとした曲が続きます。そのため次作「Morrocan Roll」や「Livestock」ほどのインタープレーの応酬はないですので、もっと超絶技巧を楽しみたい方には上記のアルバムの方をお薦めします。

    HOME TOWN 大阪編 音楽番組でたまたま彼らの歌う姿を見て良いなぁと思い購入しました。
    歌い易いメロディーで元気の出るメロディーなので、落ち込んでしまったときには思わず口ずさんでしまいます。

    シューベルト : 四手のためのピアノ作品集 シューベルトの幻想曲D.940はシューベルトの晩年ならではの極めて密度の濃い内容を持つ、おそらく誰もが認めるピアノ用連弾曲の最高傑作である。プリモとセコンドに要求される技術水準は十分に高く、部分的にはスクリャービンやラフマニノフ並みに音が分厚くなるため、アンサンブルを完成させるには非常な困難を要する難曲でもある。

    セルメットとピリスは、たまたま同時期にエラート・レーベルと契約していたというだけでレパートリーの志向性は全く異なり(ピリス=(主に)ドイツ古典・ショパン、セルメット=(主に)ロシア物・近現代)ジャケットでも何やら不機嫌そうな表情の二人が写っているのだが、二人とも非常にクリーンな演奏をするという点では共通している。明らかに、二人とも非常に耳が鋭いピアニストだ。

    D.940の演奏では、音が混濁しないようなペダリングやプリモとセコンドの音量のバランスを巧く整えるのが非常に難しいのだが、ピリス&セルメットはそうした課題を完璧に克服し、驚異的なアンサンブルの完成度を達成している。まるで一人で弾いているかのようだ。

    この曲にはペライア&ルプー、カサドシュ夫妻、ギレリス父娘、リヒテル&ブリテン等他にもいろいろな録音が存在するが、ピリス&セルメットが達成しているアンサンブルの完成度には(私見では)誰も到達出来ていない。やはり傑作であるD.951のロンドも引き締まった、大変に美しい演奏だ。


    ☆人気サイトランキング☆

    i-mobile
    
    [ニュース|着メロ|SNS]
    [動画|ゲーム|ヤフオク]
    [便利|辞書|交通]
    [ランキング|天気|メル友]
    [住まい|マネー|ギャンブル]
    メル友募集掲示板☆
    ケータイランキング!
    girls☆ranking
    
    today:006 yesterday:046
    TOTAL:46719