ウルトラのクイズ王えいくんのキラキラルーム

  • taronoodekake 1950年代製 三菱扇風機 『薄青磁色』 動画
  • 沢田研二 カサブランカ・ダンディ
  • Guilty Gear XX Accent Core - Special Battle Intros
  • 織井茂子 君の名は 1986
  • 嵐 松本潤&二宮和也 任天堂Wii CM 特別編その1
  • ギャプラス スペシャルフラッグの法則
  • スノーボード:DVD『Proof of Youth』 Micromix Vol.1
  • 【大岩ケンジ×LOLI.COM】AM 10:30【初音ミク】
  • Adrian Belew Power Trio -- Futurevision
  • girls☆ranking
    ここを友達に教える
    おすすめベスト10!
    1.鉄腕アトム
    2.アナキン・スカイウォーカー
    3.Dr.コトー
    4.無料アプリ
    5.斉藤哲夫
    6.ソウルキャリバーIV
    7.中牟田俊男
    8.原みどり
    9.Keane
    10.わたせせいぞう

    i-mobile
    ★imodeBEST100★
    逆説の日本史 16 江戸名君編~水戸黄門と朱子学の謎~  『逆説の日本史』シリーズ1〜16全体についての感想です。

     聖徳太子の「和を以て貴(たつと)しと為し、忤(さから)ふこと無きを宗と
    為す」という思想に典型的な、「和」教の存在がシリーズ全体の前提になって
    います。

     「和」教は「平和>正義」文化でもありますが、その起源をどう考えるか、
    というところまでは深掘りされていません。

     例えば、「八百万の神」は、「恵み」をもたらす神であると同時に「タタリ」を
    もたらす神でもありますが、ある神の顔を立てある神の顔を潰してしまうと、
    顔を潰された神の方から「タタリ」を食ってしまう。

     だから、「何が正しいか」よりも、すべての神の顔を潰さない事の方が
    ずっと重要で、その結果「和の精神」が生まれたのではないか?
    私はそう考えていますが、そういう所まで踏み込んで考えられてはいません。

     「平和>正義」文化では、例えば、正しい事を言って座をシラけさすヤツは
    嫌われます。平和が何よりも重要です。しかし、著者が別の著書でも言っている
    ように、世界ではものすごく少数派であるのも事実です。

     世界では、逆の「平和<正義」文化が圧倒的に多数です。
    著者が言うように、アメリカVSアルカイダのように「正義とは何か?」
    という解釈の違いで戦争まで起こっています。

     しかし、日本国内では「憲法9条」擁護派のように「平和>正義」文化が
    世界の常識(多数派)であると思い込み、「9条」を御神体のようにあがめ
    「平和!」「平和!」と叫んでいれば平和が来る、と信じている能天気な人が
    大多数である、という著者の主張もその通りだと思います。

     だから、「9条」を改正し、「平和>正義」文化→世界の多数派の文化
    (「平和<正義」文化)に乗り換えよう! 
    というのが著者の主張なのだと思います。

     たしかに、「平和>正義」文化には実用性は今のところ乏しいのですが、
    だからと言って日本固有の文化をそんなに簡単に乗り換えて良いものなの
    でしょうか?

     例えば、日本の「平和>正義」文化が世界の少数派である事を自覚して、
    世界にもっとアピールしていくような道は無いのでしょうか?

     こういう葛藤は著者には見られません。

     また、「9条」を改正し、国際的な紛争の解決手段として「戦争」を選択肢に
    入れてしまう事は、集団安全保障の枠組みには参加できるものの、「正義とは何か」
    という解釈戦争に巻き込まれてしまう事でもあります。

     そういうリスクについては触れられていないようです。

     以上のような事を考えると、(著者の「信者」の方は激怒されるかもしれませんが)
    このシリーズは読み物としてはたいへん面白いものの、思想としては深くないのでは
    ないか?

     そんなふうに感じました。

    ギルティギア2 オーバーチュア オリジナルサウンドトラック Vol.2 ギルティギアシリーズ現時点での最新作である2のサントラです。とあるページで試聴しゲームは未プレイながら購入に至りました。
    今まで以上にヘヴィです!上の方がすでに書いてらっしゃいますが自分の中では神曲である「Holy Orders」が更にパワーアップしてます。今までは主旋律がギターでしたが今回は全てヴァイオリンに変化。これにはマジで鳥肌が立ちました!主旋律がヴァイオリンの曲なんてありませんでしたから、凄く新鮮味があります。ギターの音とかもろ自分好みのサウンドです。

    ゲームやってなくても高品質なメタルインストアルバムとして十分楽しめます。ただやっぱりHR/HMが好きな人でないとキツイかもしれないです・・・。
    自分としては星5つじゃ全然足りないです(笑)

    春秋の名君 (講談社文庫) 内容はタイトルにある春秋の名君の簡単な紹介と、筆者の小説における世界観を感じさせる対談などと、ほぼ二つに分かれています。

     これを読むと、筆者が今まで描いてきた主に春秋時代の人物達が、なぜ選ばれたのか、中国史の中でなぜ古代にこだわっているのかが判ります。まず名君として取り上げている面々からして少し偏向しています。史記を読まれた方は多分違和感を感じるでしょう。

     しかし、後半を読むと非常に納得させられます。有名だから取り上げているわけではない、という所でしょうか。
     いずれにしてもファンの方は一読なさるといいでしょう。より深く、筆者の描く世界に入り込めると思います


    ☆人気サイトランキング☆

    i-mobile
    
    [ニュース|着メロ|SNS]
    [動画|ゲーム|ヤフオク]
    [便利|辞書|交通]
    [ランキング|天気|メル友]
    [住まい|マネー|ギャンブル]
    メル友募集掲示板☆
    ケータイランキング!
    ◆画像の森◆
    
    today:006 yesterday:025
    TOTAL:47797