i-mobile
豪腕ピエールろんちゃんのサクサク雑記帖

  • ろう者 岡田絵里香 夢はハリウッド女優
  • 11 あいつこそがテニスの王子様 - Prince
  • 南太平洋バヌアツでM7.8の地震 津波警報解除(09/10/08)
  • ex-male. ほんの少しだけ
  • シンタロー 対 堂島凶平 アニメ最強トーナメント第13話~後編
  • 無責任艦長TylorED
  • 22才の別れ/風 - MoviePhoto
  • Will Smith - Men In Black[Official Music Video]
  • Fergie ~ Pedestal
  • ◆画像の森◆
    ここを友達に教える
    おすすめベスト10!
    1.ハヤテのごとく
    2.L⇔R
    3.ロードモナーク
    4.ニャンダーかめん
    5.実況パワフルプロ野球
    6.コマンドス2
    7.夏目漱石
    8.GREE
    9.子供服
    10.ガウディ

    i-mobile
    [新着人気サイト]
    炎の蜃気楼(ミラージュ) 邂逅編 真皓き残響 十六夜鏡 (コバルト文庫) 心理描写も関係性の掘り下げもアクションも、この作者様にしては中途半端というか…いつものディープさや激しさがなくて、食い足りない感じがしてしまいます。仕掛けの種明かしも、ちょっと短絡的に思えました。再開邂逅編は再開前に比べてノリが軽いのはもとより承知の上なのですが…。これからの怒濤の展開と熱い盛り上がりに期待して☆3つです。
    パンダのポンポン 野中柊さんの初めての童話ということで、楽しみにしていました。とっても可愛いお話。三つの話の中では、第三話の「紅白ふわふわケーキ」がいちばん好きです。街一番の人気レストランのコック、パンダのポンポンが、いい味だしてます。お友達の猫のチビコちゃんとの掛け合いも、間のいいもので、二人のキャラクターの釣り合いもいいです。三話とも、子供達が好きそうな食べ物が話の中心で、おいしそうで楽しい内容。はらはらドキドキする場面もあるし、子供の好きなお誕生日のパーティーの話もあるし。私が気に入ったのは、ポンポンとチビコの「よお。シスター」「よお。ブラザー」なんて、すかした挨拶なんかするところ。この二人のキャラクターで、今度また書いてほしいなあと、思います。

    柊さんは、『ジャンピング☆ベイビー』、『参加型猫』などでみる限り、今風な小説の方へ進むのかと思いきや、いい意味でベクトルの定まらない作家ですね。元々『小春日和』などの、小説であってもどこかほんわかした“お話”的な雰囲気の作品も書いていて、私はなんか好きなのです。大分以前の作品は、なかなか手にすることができないままなのですが、気になる作家さんです。


    22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語 特別版 [DVD] この作品を観て「予定調和」と感じた人には、さして面白くもない作品だろう。しかし「これで良かったのか?」と感じる人には、とても切なくやるせない作品だ。また、筧氏の抑えた演技と新人のピュアな演技は見事なものであった。

    「幻を追いかけすぎたのか。追わなかったから幻になってしまったのか。」という台詞がある。「追わなかったから幻になってしまった」のだということはわかっていたはずだ。なのになぜ、また同じことを繰り返すのか?

    この作品は1時間34分の時点でほぼ終わっている。あとの残り20分以上は、大分県の観光案内と伊勢正三のPVのようなものだ。それがあまりにも長いので、最後にもう一ひねりあるのかと思っていたが・・・。

    最後の別れは、表面上はあっさりしているが、本当に切ない。どうしてこういうことになってしまうのだろう。

    愛した人との別れ、そしてその人の突然の死。それはもう二度とやり直すことのできない人生の痛み。それほどの痛みを味わっていながら、歳月を経てもなお、人は同じ過ちを繰り返すのだろうか・・・。

    ☆人気サイトランキング☆

    i-mobile
    
    [ニュース|着メロ|SNS]
    [動画|ゲーム|ヤフオク]
    [便利|辞書|交通]
    [ランキング|天気|メル友]
    [住まい|マネー|ギャンブル]
    メル友募集掲示板☆
    ケータイランキング!
    girls☆ranking
    
    today:004 yesterday:013
    TOTAL:9871