i-mobile
川島ゴレンジャーき~くんの超絶動画館

  • 新・京都迷宮案内5 第10シリーズ OP
  • MADARA OAV 1 - Taikura / 胎蔵編(1/6)
  • 久米宏のラジオなんですけど-大江健三郎 2/2
  • 西田敏行インタビュー
  • ヒカリ - ナスカ ( 光 - Nazca )
  • 東海北陸自動車道 下り 白川郷IC→五箇山IC 2008/07/09撮影
  • 春よ来い - 寺尾芳恵
  • 野球拳
  • 恵比寿マスカッツ 吉沢 明歩とあったかいスープを食べる
  • girls☆ranking
    ここを友達に教える
    おすすめベスト10!
    1.谷村志穂
    2.教えてgoo
    3.東京湾景
    4.七人のナナ
    5.@cosme
    6.大いなる遺産
    7.鈴木康博
    8.フィリップ・アントルモン
    9.さすがの猿飛
    10.BL. WALTZ

    i-mobile
    ★imodeBEST100★
    リヒトラブ ポートフォリオ ナスカ・フレックス B4 F911 デザイン上、握りが付いてる上面の両脇は単純に切り落とされているので、雨の日はその隙間から中に雨が入り込みます。天候の悪い日に持ち歩くのには向いていませんが、この価格ではこういう作りが限界なのでしょうかね。
    万延元年のフットボ-ル (講談社文芸文庫)  今から四半世紀以上前、講談社文庫(文芸文庫ではない)で読んだ。粟津潔の真っ赤なカバー画の本である。初めて読む大江健三郎の小説だった。冬の風の強いある日、西新宿の高層ビルの谷間にある喫茶店で黙々と読みふけったことを今もよく覚えている。「夜明けまえの暗闇に眼ざめながら、…」という冒頭の一文を読んだだけで、たまげてしまった。いまだかつて読んだことのない難解な文体だったからだ。それ以後、小説を読むと、その文体をとても意識するようになった。この小説でもっとも気に入っているのが第2章「一族再会」だ。空港ホテルの一室で、アメリカから帰国する鷹四を家族や友人が酒を飲みながら待つ場面である。そこで、とりわけ印象的なのが菜採子で、その言動には確かな実在感があり、女性としての魅力を大いに感じさせたものだった。おそらくゆかり夫人がモデルだろう。また、フランスの作家クロード・シモンが来日し、大江と対談した時、第3章「森の力」において、蜜三郎が森の中で湧き水を飲む場面で、透明な水の下に灰色や朱色の石が見えるという描写に感銘したと言っていた。この小説には、他にも多くの魅力があり、それをすべてここに書くわけにはいかないが、とにかく日本の土着の力をまざまざと実感させる傑作であり、ラテン・アメリカの諸作にも全くひけをとらないと断言できる。「すくなくともそこで草の家をたてることは容易だ。」という最後の文を読み終わった時の感動といったら…筆舌に尽くしがたい。
    DS西村京太郎サスペンス 新探偵シリーズ「京都・熱海・絶海の孤島 殺意の罠」 あまりゲームにのめり込めないライトゲーマーですが
    これくらい淡々と進めれると、時間もとられずに楽しめます。
    キャラクターもいいですね。
    ミニゲームも本編に負けないくらい面白く、
    ちょっとした時間つぶしに最適で、
    交互にやって楽しみました。
    はやく次を出してほしいですね。

    ☆人気サイトランキング☆

    
    
    [ニュース|着メロ|SNS]
    [動画|ゲーム|ヤフオク]
    [便利|辞書|交通]
    [ランキング|天気|メル友]
    [住まい|マネー|ギャンブル]
    メル友募集掲示板☆
    ケータイランキング!
    ◆画像の森◆
    
    today:011 yesterday:019
    TOTAL:48816