i-mobile
ローマのせんとくんベンちゃんのお笑い動画

  • TAKE FIVE Dave Brubeck Quartet
  • MAD「新・夜逃げ屋本舗エンディング」
  • Irony
  • 【DVD-CM】獣神演武(Jūshin Enbu Trailer)
  • Daiya and Fuuko - Parfait Tic
  • 西田ひかる C'mon3! 1995-09-16
  • David Foster & Jay Graydon
  • トリッキングガールTRICKING GIRL
  • Ernest Chausson - Hebe / Le Charme / Le temps des lilas
  • girls☆ranking
    ここを友達に教える
    おすすめベスト10!
    1.マリオ
    2.ファイターズヒストリー
    3.あゆみゆい
    4.ジョアン・ボスコ
    5.村上かつら
    6.クロマニヨン
    7.DASEIN
    8.中村陽輔
    9.小沢健二
    10.電脳コイル

    i-mobile
    ★imodeBEST100★
    [コールマン] ブーム 主人の通勤バックとしてA4が入るワンショルダーバックを捜していました。
    確かにA4サイズの書類ははいりますが、固めのファイルに書類を入れるとファイルの角があたりそのうち穴が開きそう・・・。買い替え前の使用していたバックはワンショルダーでも大きめでしたし、このバックにはミュージックポット用の内ポケットもありますが、主人の機種は古いせいか内ポケットには入りませんでした。
    自転車に乗る方には背中に小さくフィットするようで良いかもしれませんが、主人にはもう少し容量があった方がと言われてしまいこの評価です。
    プレゼントとして内緒で購入したので、やはりバックは触って見ないとわかりませんね(汗)

    TANITA デジタルクッキングスケール 【0.5g単位の高精度】 ピスタチオグリーン KD-189-GR 値段も安いし、使いやすくコンパクトでオススメです。
    私は設定していませんが、重力の影響を解消できる地域設定機能も備わっています。
    普通にお菓子などを作る際には十分だと思いますが、1キロまでしか計量できないので、鍋などを直接乗せて計量していくのには不向きかもしれません。
    色が何種類かあるので迷ったのですが、この色は派手すぎず地味すぎず、可愛いので楽しい気分で使えます。
    購入してから数ヶ月経過していますが、不具合もなく大活躍してくれています。


    ROCK PIT(初回生産限定盤)(DVD付) 全曲ハイカラプロデュースの4th Album「ROCK PIT」です。

    全体を聴いての印象として、
    メンバーそれぞれの成長をあらゆる所に感じれたアルバムです。
    特にマーキーはデビューしたての頃から、格段にレベルアップしてます!!
    このアルバムで、彼らは一つの到達点に達したような気がしました。
    これからが勝負だと思います。
    一方でボーカルのマーキー、ユウスケは
    曲の雰囲気に合わせ、ボーカル・スタイルにさまざまな変化をつけています。
    ユウスケはデスヴォイスをむやみやたらに発していなくて、
    ヘヴィーな曲では惜しげもなくデスヴォイスを、POPな曲では前向きな雰囲気に歌ったりと、
    うまい事使い分けをしているので“しつこくない”です。

    またアレンジでもアコギを用いたり、スクラッチを用いたり、
    ボーカルでは、テレフォンボイスを用いたり、一部ボコーダーを用いたりと、
    ヘヴィネスであり、POPであり、またフォークチックでもありと、
    今までのハイカラにはなかったものが出てきています。

    「Break now!」はユウスケがリードボーカル、マーキーがバックボーカルと、
    普段のパートをチェンジしてますし、
    「メキメキ」ではマーキーが、どう聴いても私には北出菜奈を思わせるような、
    かなりクセのある歌い方をしてます。
    また「ZERO SYMPATHY」や「TOXIC」、「EARTH」、「東京ナイト」など、ハードな曲ではドラムのSASSYが、
    本格的に2バスの連打(ブラストを含む)を多用したドラムプレイを披露してますし、
    「手紙」では初の作詞に参加したりしてます。

    個人的にこのアルバムは“ハイカラの一つの分岐点”となるAlbumだと思いました。
    というのも、
    3rd Album「参」までの作品はHΛL(梅崎俊春、清水武仁)によるプロデュースでしたが、
    「Dreams」以降は、ほぼセルフプロデュースで制作してきたので、
    このアルバムでひとり立ちしたとも言えるかもしれません。
    特にドラムなどの楽器隊のサウンドがより前面に出てきていますし、
    バスドラは今までの作品で一番聞き取りやすいです。

    とにかく、ホントよくここまで成長したねと感じさせてくれたアルバムでした。

    ステップアップを期待して、星5つとします。

    ☆人気サイトランキング☆

    i-mobile
    
    [ニュース|着メロ|SNS]
    [動画|ゲーム|ヤフオク]
    [便利|辞書|交通]
    [ランキング|天気|メル友]
    [住まい|マネー|ギャンブル]
    メル友募集掲示板☆
    ケータイランキング!
    ◆画像の森◆
    
    today:013 yesterday:014
    TOTAL:37771