i-mobile
水原パイロットて~ちゃんの仰天携帯動画館

  • Noerand Clothing Commercial
  • PS3 発売中の注目ソフト Vol.21
  • This Is The Life
  • ATARI Pole Position Commercial 1980's
  • FyA ep 11 pt 1
  • THE RUSTIC SOUNDS 「神の悪戯」2010.02.20渋谷NeZUMI
  • もう探さない
  • 銀河万丈&中川亜紀子『切取り線』 後半(sound only)
  • 風と共に去りぬ(制作発表記者会見)
  • ★imodeBEST100★
    ここを友達に教える
    おすすめベスト10!
    1.トニー・フランクリン
    2.G-クレフ
    3.津田
    4.スラップスティック
    5.ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊 闇の探検隊
    6.頭文字D
    7.榎本俊二
    8.Bf 110
    9.教えてgoo
    10.仮面ライダーサソード

    i-mobile
    girls☆ranking
    義務と演技 リアリティーが、あまりにも圧倒的で、読んでいて、心が苦しくなる。この人の本は読めば読むほど僕を不安にさせる。面白かった。
    ザ・リターン・オブ・ビデオ・ゲーム・ミュージック 当時ゲーセンへ通っていた毎日。ナムコが頑張っていた時代だ。
    その時の名作が結集!

    私のオススメはディグダグⅡとドラゴンバスターです。
    なんて、素晴らしい曲なのでしょう。
    もう、ナムコ天才!
    そして感動をありがとう!!!

    ちなみに、コレが好きな人ってもう30歳近辺?


    ジャスト・ジミー・リード(紙ジャケット仕様) ローリング・ストーンズがビートルズに会ったとき、ジミー・リードのことを訊いたら、ビートルズは「あれはクズだ」と評したことは知られているが、このエピソードに、双方のバンドの資質や指向の違いが如実に現れている。それはともかくとして、たぶんブルーズにそれほど愛着のない人から見れば、「どの曲もおんなじようなもんじゃん」と言われそうなものだが(まぁ、それはおおむねその通りなのですがね・・・)、ブルーズの愛好者にとって、ジミー・リードは、栄光のワン・パターンであり、偉大なる金脈である。ゆるーく、ズルズルとだらしなくも気持ち良く流れるそのノリ、「ぱひー」とした音色で鳴らされるハーモニカ、軽い口当たりながら、ベロベロに絡みつく、ブルージーな味も兼ね備えたヴォーカル、それでいて親しみやすくポップな曲の仕上がり、どれをとっても実にたまらない。

    そのジミー・リードのヴィー・ジェイ時代のLP群が、紙ジャケットで再発された。この“Just Jimmy Reed”は、ヴィー・ジェイ在籍時代の7枚目(ベスト盤含む)となるLPであり、1962年の録音が収められた作品である。盟友エディ・テイラーは参加していないが、バンドのノリは好調である。冒頭の“I'll Change Everything”では、オルガンやホーン・セクションが導入されており(後からのダビングのようだが)びっくりするが、残りはいつものジミー・リードの世界。それほど有名な曲は収められていないが、聴いていると、やはりこのゆるーいノリにずっぽりとハマってしまうこととなる。スタジオにおけるプロデューサー(エンジニアー?)とのやり取りや、演奏をやり直す様子も入っていて楽しめる。一発でその人と分かる、こういう確固としたスタイルを築き上げたことに対しては、いくら評価してもし過ぎるということはないだろう。

    ☆人気サイトランキング☆

    
    
    [ニュース|着メロ|SNS]
    [動画|ゲーム|ヤフオク]
    [便利|辞書|交通]
    [ランキング|天気|メル友]
    [住まい|マネー|ギャンブル]
    メル友募集掲示板☆
    ケータイランキング!
    ◆画像の森◆
    
    today:015 yesterday:027
    TOTAL:53086