i-mobile
細川トップスターボンちゃんのスペクタクル研究所

  • PERSONZ - DEAR FRIENDS
  • 石野卓球 feat. 七尾旅人 - ラストシーン
  • 黒川芽以他_ボーイズ・オン・ザ・ラン_劇場予告
  • NEIL SEDAKA One Way Ticket
  • Pit Bull Pride
  • アメリ化万歳(AMERIKA BANZAI)
  • 『夜明け(ALBA)』 スペクトラム
  • Trinity Blood - Sake of the World
  • Bryan Adams - Heaven (cover)
  • ◆画像の森◆
    ここを友達に教える
    おすすめベスト10!
    1.ウィルソン
    2.水野良
    3.AKB48
    4.メロン
    5.田山花袋
    6.地獄に堕ちた勇者ども
    7.茶木みやこ
    8.アジャンタ
    9.矢口真里
    10.スカイハイ

    i-mobile
    girls☆ranking
    ナンバーワン・エイティーズ 毎年のようにリリースされる80’sメジャーヒット曲コンピレーション決定盤!!
    今回のテーマはスバリ、ナンバーワンヒットのみ36曲集めてみました〜って、
    ほとんどの曲は既に持ってるんですよねマニアは!!
    しかし買わざるおえないのがマニアの宿命ってとこでしょう。
    今回おもしろいのは、80年代ヒットした映画のテーマ曲が多いことですね。
    MTVの普及で、映像と共にヒット曲が量産されたことの証でもあります。
    個人的には、ジョージ・マイケルのフェイス収録がありがたいかな。
    以下、収録内容で〜す。

    DISC1
    1 マイケル・ジャクソン|今夜はビート・イット
    2 デュラン・デュラン|ザ・リフレックス
    3 ワム!|ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ
    4 a-ha|テイク・オン・ミー
    5 サバイバー|アイ・オブ・ザ・タイガー
    6 ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース|パワー・オブ・ラヴ
    7 スターシップ|愛はとまらない
    8 アイリーン・キャラ|フラッシュ・ダンス・・・ホワット・ア・フィーリング
    9 ケニー・ロギンス|フットルース
    10 ベルリン|愛は吐息のように
    11 ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズ|愛と青春の旅立ち
    12 シカゴ|素直になれなくて
    13 ブライアン・アダムス|ヘヴン
    14 メン・アット・ワーク|ノックは夜中に
    15 ユーリズミックス|スウィート・ドリームス
    16 MR.ミスター|キリエ
    17 バングルス|胸いっぱいの愛
    18 シンディ・ローパー|タイム・アフター・タイム

    DISC2
    1 プリンス|レッツ・ゴー・クレイジー
    2 ダリル・ホール&ジョン・オーツ|プライベート・アイズ
    3 ジョージ・マイケル|フェイス
    4 ホイットニー・ヒューストン|すてきなSomebody
    5 リック・アストリー|トゥゲザー・フォーエヴァー
    6 レイ・パーカーJr.|ゴーストバスターズ
    7 ポール・ヤング|エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ
    8 チープ・トリック|永遠の愛の炎
    9 REOスピードワゴン|涙のフィーリング
    10 バッド・イングリッシュ|ホエン・アイ・シー・ユー・スマイル
    11 リック・スプリングフィールド|ジェシーズ・ガール
    12 ビル・メドレー&ジェニファー・ウォーンズ|タイム・オブ・マイ・ライフ
    13 エア・サプライ|シーサイド・ラヴ
    14 マルティカ|トイ・ソルジャー(おもちゃの兵隊)
    15 グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン|エニシング・フォー・ユー
    16 ボニー・タイラー|愛のかげり
    17 TOTO|アフリカ
    18 フィル・コリンズ|見つめて欲しい

    FINAL FANTASY VIII スコール・レオンハート ( ノンスケール PVC塗装済み完成品 ) 仕上がりの状態としては、リアリティがありとてもきれいでした。
    細部にわたって極め細やかに再現された質感がとても気に入っています。造り、色使い、材質の重み等が丁寧に仕上げられていました。
    自分がイメージしていたものに近かったと思っています。だからとても満足しています。

    アイアムアヒーロー 3 (ビッグコミックス) 1巻でじっくりと忍び寄る恐怖を描き、2巻で一気に盛り上がりましたが、
    3巻ではやや落ち着きを取り戻したように感じました。
    やはりありきたりな感染パニック漫画にせず、主人公の精神面を全面に出す、
    というのは独創的で面白いです。
    グロテスクなゾンビよりも、英雄が内に抱いているコンプレックスや恐怖を中心に物語を進める。
    非常に斬新でこれだけでも昨今の漫画に埋もれないと思います。
    割り切って気持ち悪く描かれている主人公にもむしろ好感を覚えるので、
    作品のトーンの割にはさっぱりしていると思いました。
    これから物語はどうなるのか?この手法で進めていけるのか?先が気になる漫画です。

    ☆人気サイトランキング☆

    i-mobile
    
    [ニュース|着メロ|SNS]
    [動画|ゲーム|ヤフオク]
    [便利|辞書|交通]
    [ランキング|天気|メル友]
    [住まい|マネー|ギャンブル]
    メル友募集掲示板☆
    ケータイランキング!
    [新着人気サイト]
    
    today:003 yesterday:030
    TOTAL:47709