枠があれば現金化でやりくりできます。

債務引受(さいむひきうけ)とは、民法の法律用語であり、ある人が負っている債務が同一性を維持しつつ別の人に移転することである。相殺(そうさい)とは、相手に対して同種の債権をもっている場合に、双方の債務を対当額だけ消滅させることをいう。株式の信用取引においては、後述する「品受」および「品渡」により決済する場合を除いて、買い付けた株式や売りつけた株式代金そのものを投資家が手にすることはなく、あくまで売買によって生じた差額のみを受け取る、または支払うクレジットカード現金化信用リスクが高いと思われる債券は魅力がないので金利が高くなる。信用販売(しんようはんばい)・信販(しんぱん)とは、買い手に信用を供与し、代金後払いを認める販売方法である。個人に関する信用情報は個人情報の一つ。信用金庫と同じ非営利組織(組合組織)であるが、次のような相違点がある。義務を負う者を債務者、権利を有するものを債権者と呼ぶ。

融資(ゆうし)とは、銀行などの金融機関が、利息(金利)を得る目的で、会社、個人などの資金需要者に金銭を貸し出すこと。従来、「オレオレ詐欺」(別名「なりすまし詐欺」)や「架空請求詐欺」、「融資保証金詐欺」などと呼ばれていたが、手口の多様化で名称と実態が合わなくなったため、2004年12月9日に、警察庁によって統一名称として「振り込め詐欺」と呼ぶことが決定された。ショッピング枠現金化取引所(とりひきじょ)は、一般に商品や証券の需要と供給を一定の場所に集約ことにより取引成立の機会を多くし、一物一価の価格形成が行われるようにする物的施設である。前者は、支払が2ヶ月以上の期間に亙り且つ3回以上に分割する分割払又はリボルビング払は割賦販売法に定める「割賦購入あつせん」である為、この支払方法を提供するクレジットカード会社は同法に基づいて登録を受けなければならない(1回払(一括払)及び2回払は同法は適用されない)。

債務不履行という言葉はしばしば二つの意味で用いられる。金融債(きんゆうさい)とは、特殊金融機関が特別法に基づいて発行する債券のこと。銀行などの市中金融機関では、債務超過を新規の貸付ができない条件とすることが多く、特別な事情のない限り、この状態で新たな貸付を期待することは困難である。その後の1950年前後からはモータリゼーションと郊外住宅の発展を背景として、1948年にはオハイオ州コロンバス (オハイオ州) コロンバスの不動産業者Doncasterが開いたタウン・アンド・カントリー・ショッピング・センター、ワシントン州のシアトルでJ.B.Douglasが開いたノースゲート・ショッピング・センターが今日のショッピングセンターの原型となった。債務者が債務不履行に陥った場合、債権者は契約の解除や損害賠償を求めることができる。債権を債務者からみた場合の表現。債務引受(さいむひきうけ)とは、民法の法律用語であり、ある人が負っている債務が同一性を維持しつつ別の人に移転することである。