e-Tax情報

e-Tax情報

所得税の申告はe-Taxを活用してください。

e-Tax情報Top > Top    Yahoo!ブックマークへ追加 Google Bookmarksへ追加 はてなブックマークへ追加 niftyクリップへ追加 livedoorクリップへ追加 del.icio.usへ追加

e-Tax
メニュー

e-Taxトップ メリット 準備 電子納税 サポート 国税庁  

e-Tax
運営

お問合せ 運営者 利用規約 個人情報保護方針    

リンク

リンク集 相互リンク募集中

 電子納税

電子納税は、自宅に居ながらにして国税の納付手続が可能となることから、金融機関の窓口まで出向かなければならない、あるいは窓口が開いている時間しか納付できないなどの場所・時間的な制約がなくなるというメリットがあります。

電子納税では、領収証書は発行されませんので、領収証書が必要な方は従来どおり、窓口に納付書を持参して納付を行ってください。

 ダイレクト納付による電子納税

ダイレクト納付とは、事前に税務署に届出等をしておけば、e-Taxを利用して電子申告等又は納付情報登録をした後に、届出をした預貯金口座からの振替により、簡単なクリック操作で即時又は期日を指定して納付することができる方式です。
 なお、開始届出書提出時に、電子納税に限定した手続である「特定納税専用手続」を選択された方は、ご利用になれません。

ダイレクト納付による電子納税は、e-Taxを利用して送信するデータが、申告等データである場合と、納付情報データである場合で、対象税目が異なります。

 インターネットバンキング等による電子納税

インターネットバンキング等による電子納税には、登録方式と入力方式の2つの方式があります。

登録方式とは、e-Taxソフト等を使用して納付情報データを作成し、e-Taxに登録することにより、登録した納付情報に対応する納付区分番号を取得して電子納税を行う方式です。

入力方式とは、e-Taxに納付情報データの登録は行わず、登録方式の場合の納付区分番号に相当する番号としてご自身で納付目的コードを作成して電子納税を行う方式です。

 e-Taxヘルプデスク

国税庁では、e-Taxの利用開始のための手続、e-Taxソフト及びその利用のためのパソコン操作などに関する問い合わせに電話で対応する専門窓口として、e-Taxヘルプデスクを設置しています。

e-Taxヘルプデスクは、ナビダイヤル(0570で始まる電話番号)をご利用の場合、全国どこからでも市内通話料金でご利用いただけます。

 お問い合わせ先

 ●電話番号
 0570-015901 全国一律市内通話料金
 IP電話等をご利用の場合 03-5638-5171 通常通話料金

 ●受付時間
 月曜日〜金曜日(祝日を除く) 午前9時〜午後5時

詳しくは、国税庁HPで 

 確定申告

 自営業の人は、皆さん所得税の申告に悩んでいるのでは・・・。期限は迫るが、全然はかどらない。確定申告の時期は憂鬱ではないでしょうか。

 毎年のことといえ、毎年同じところで手がとまってしまったり、悩んでしまったり。「毎年すること」ではなく、「年に一度しかしない、難しい作業」となっています。

 ここでお勧めなのが、ネットの活用です。

 国税庁HPをご覧ください。確定申告書等作成コーナーを使えば、税金は自動で計算してくれます。また、該当する所得や各種控除の金額金額を入力するだけです。

 e-Taxを使えば、ネットで申告ができます。e-Taxを使わなくても、自宅のプリンターから申告書を出力できますので、後日税務署に郵送するだけです。

 確定申告書等作成コーナー

(1) 作成コーナーでは、画面案内に従って金額等を入力することにより、確定申 告書等を作成することができます。

作成した確定申告書等は印刷して税務署へ郵送等により提出することができ ます。

また、電子申告用データを作成すれば、電子申告により申告等を行うことが できます(贈与税を除く。)。

(2) 作成コーナーで作成したデータを保存したり、保存したデータを読み込んで 続きから作業を行うことができます。

保存したデータは、翌年の申告時に読み込んで活用することもできます。

詳しくは、国税庁HPで