ようこそ、高根石材店へ。お墓・記念碑、仏事に関わることならおまかせください。

FrontPage

はじめまして

ようこそ!
高根石材店

高根石材店は、石工歴32年の職人と国土交通大臣認定1級建築施工管理技士・1級土木施工管理技士でやっているお店です。

古くからの石屋のノウハウと建築・土木の新しい知識で、よりよい石材品を
皆様にご提供できるよう、日々精進しています。

そのために、石材工事の大半である据付工事・文字彫刻工事等は、
外注せずに自ら行っています。

そういう工事を自らやることによって、お客様の気持ちになって
工事を行うことができます。
そして何より、責任を感じて施工できます。

私たちが考える、ご先祖様供養とは?

ご先祖様の供養の方法として、お墓を建立することがあると思います。
お墓は、ご先祖様の家と考えることができると思います。
そのお墓を、きれいにするということは、ご先祖様も大変喜ばれることだと思います。

よいお墓とは?

  • 掃除がしやすい。
    • 近年、石材の加工技術の進歩により、あらゆる箇所に彫刻などがされているお墓を見ますが、お墓の掃除を考えた上では、大変掃除がしにくいつくりだと思います。
      また、彫刻箇所は、研磨されていない(表面がざらざら)場合が多く、コケもつきやすく、雑巾がけだけではきれいになりません。
    • 砂利を敷いているお墓も見かけますが、埃等が飛散し砂利の中に土が堆積してしまいます。その土の中に草の種子が混入し草が生えてしまいます。

お墓建立後の供養

お墓を建立した後も、ご先祖様の供養をしていきます。
お墓参りにより、お墓を建立した当時の状態を維持して、
ご先祖様が快適に過ごせるよう、なされていると思います。

また、お墓にとって一番大事な場所といっても過言ではない、
納骨室(カロート)内の状態を、快適な環境を維持することも大切なことです。
以下のような状態の納骨室(カロート)では、ご先祖様の安眠を妨げることになると思います。

  • 納骨室に水がたまってしまう。
    • 目地が切れている箇所から、水が浸入してしまう。
    • 納骨室(カロート)の水抜きが機能していない、水抜きがない。
  • 納骨室に土が侵入してしまう。
    • 目地が切れている箇所から、水とともに入り込んでしまう。
  • 納骨室に草が生えてしまう。
    • 目地が切れている箇所から、草の種子が入り込んでしまう。
    • 水抜きの穴からの草が生えてしまう。

お墓を建立した後のメンテナンスにも注意しましょう。

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional