ようこそ、公三くんのページへ 

FrontPage

ホームページの上段または下段に「広告」が掲示されますが、小生とは関係がありませんので検索しないでください。(公三くん)

はじめまして「公三くん」のホームページです

ほんまもんの福祉

 ●ごあいさつ● 
私は、40年余、社会福祉法人及び障害・高齢者福祉の仕事に就き、現在は吹田市内の社会福祉法人に携わっています。今日、我が国の社会福祉制度は、福祉を必要とする人が安心して利用できない状況にあります。誰もが安心して利用できる社会福祉制度、「本来の福祉」=「ほんまもんの福祉」を取り戻すためにも、私の信条を隠さず、ぶれることなく発信し続けたいと思っています。また、日々の出会いや体験などを思いのままに「つぶやき」として掲載し続けています。
画像の説明

◆読まれての感想などは、

Eメール[email protected]に送信いただければ幸いです。

金沢翔子書「希望」「共に生きる」、画像は大野氏提供
画像の説明

以下は、公三くんの伝言板です。

はじめて見ていただいた方へ。上段の「とっておき福祉情報」「とっておきイベント情報」もクリックしてみてください。

14年10月25日 お知らせです
このページの更新がなく、数名の方から問い合わせメールをいただいております。
9月初旬に携帯からスマホに機種変更し、その後はfacebookを使うことが増えました。
よかったら、下記から小生のfacebookをのぞいてください。
今後ともよろしくお願いします。
https://www.facebook.com/kozo.nakamura.961

14年10月6日 2ヶ月ぶりの更新ですが・・
最近HPの更新がないですねえ、とのメールをいただきつつ、2ヶ月目の更新となりました。
新しい職場も3ヶ月が過ぎ、やっと慣れてきました。新しいことを覚えるのに時間を要する日々です。
ストレス解消法の一つとして、好きな釣りも2週連続の台風で行けそうにありません。
事前現象とは言え、海が荒れては船も出ず。諦めるしかありません。
10月は、法人ない保育所の運動会、地域の神社の秋祭りなど、秋の行事が続きます。はじめての行事で、楽しみです。
最近は、FACEBOOKにはまっています。

14年8月3日 特養の合同慰霊祭
本日(8月3日)、昨年から実施されている「いのこの里合同慰霊祭」に参加した。
昨年度に亡くなられ退去された17名の慰霊祭だが、ご家族が35名余出席された。
当日参加できない家族から特養での生活の思い出や看取りへの感謝の言葉がメッセージとして届けられ掲示されている。家族のメッセージには現場職員への感謝の言葉も多く記され、感動した。
慰霊祭では、僧侶・永江武雄さんより、参加者の方々に、昨年度亡くなられた方々の思いを、自身の仕事(ホスピスでの常駐僧侶、現在もボランティアで活動)の経験から「自分の持っている力や経験、時間やお金などを自分のためだけでなく、他の人のために提供する生き方を続けられてこられた人の多くは、自分の人生には意味があったと振り返ることができ、多くは死に臨んで動じない、ということを患者から常々感じさせていただき、人として成長させていただいている」と述べられた。
亡くなった方々の意志を受け継ぎ、更なる生活・介護の充実を誓った合同慰霊祭でした。
画像の説明

14年7月28日 久しぶりに淡路ふくろうの郷へ
26日は、法人理事会への出席と夜は入居者との外食付き添い。
27日は、厚生労働省で入居者自治会会長として介護保険制度改正に対する聴覚障害者の問題を巻物にして訴えた黒崎さんの慰労をかねて、キス釣りに同行。夜は、地域交流会の皆さんに呼びかけで、私のご苦労さん会の場に出席した。
画像の説明
9月の理事会は役員改選になるが、理事会として役員改選にあたっての意見交換もされた。
黒崎さんが25cmのキスを数匹釣り上げ満足顔・・・。4人で3時間弱の釣りであったが、キス100匹を超える釣果であった。船、釣具を準備していただいた松岡さんに感謝。また来年の海の日に再会する約束をした。釣りは楽しい。
4週間ぶりの入居者との再会だったが、多くの入居者が手話で「元気?」「私は元気にしているよ」と言われ、うれしかった。
猛暑が続いているがいつまでもお元気で、9月、10月にまたふくろうの郷に顔を出すことを約束しお別れした。
久しぶりの淡路島であったが、フル回転の充実した2日間であった。
画像の説明

14年7月18日 厚生労働省は高齢聴覚障害者の訴えを理解できますか
7月17日、厚生労働省の介護保険担当者の前で、入居者自作のパネルを立てて説明する、黒崎さん(85歳、淡路ふくろうの郷入居者自治会長)の写真が大きく掲載された新聞記事を見た。
今回の介護保険改定で、要介護1・2の入居希望者は特養に入れない。一定の財産(貯蓄)があると現行1割負担から2割負担に。障害者年金を収入とみなされると利用者負担が上がり、年金だけでは支払えない。こんな改定が国会で成立した。
黒崎さんはパネルの前で、ろう者を代表して現状を訴えた。
若い厚生労働省の担当職員は、黒崎さんの訴えをどの様に受け止めたのだろうか・・。
写真を見ながら胸が熱くなった。
黒崎さん、お疲れ様でした。27日は楽しみな釣りですねえ。
画像の説明

14年7月15日 海が呼んでいる
15日、公休日で、釣り友のN尾さん(私のチヌつりの師匠)とS上さんの3人で釣行。
和歌山に行く予定であったが渡船が休みで、三重県の鳥羽水族館の近くの釣り場に行ってきた。
この釣り場は、大きなチヌがつれるが、過去に何度もバラしている釣り場である。
今回も3回のバラシで、釣果はチヌ4匹であった。
天気は快晴で、腕がさらに黒く日焼けした。今年は何度日焼けするかなあ。
画像は、S上さんが釣った54cmのチヌ。
画像の説明

14年7月13日 自宅のごみ屋敷整理整頓の公休日だったが
3年余の生活物資を持ち帰り6畳の部屋に詰め込んで2週間が過ぎた。公休日を利用して整理を始めたがタンスも一杯で衣類が整理できない。相方から「捨てろ!」の言葉が飛ぶが・・・。
書籍・資料も同様で思い出の物はなかなか捨てられない性分である。
大汗をかきながら、思い切ってゴミ袋の中へ・・・トホホ。
ようやく8割ほど片付けられた。
あとは後日に・・・相方の罵声を気にしながら、行きつけの喫茶店に避難します。

14年7月3日 新しい職場・・3日目
最後の仕事になるであろう社会福祉法人こばと会に勤めて3日経った。環境の変化と緊張感で、仕事を終えるとほっとする。
思っていたよりも短時間で出勤でき助かる。
明日は管理者会議で、私の仕事の役割・分担も決まる。
焦らず、ボチボチいきます。

14年6月30日 感謝の気持ちを忘れずに
本日、淡路ふくろうの郷を退職した。
最後の仕事の日、朝から入居者とのお別れ会で、心のこもった花やプレゼントを沢山いただいた。また、入居者・職員の寄せ書きもいただいた。
今、大阪に戻り、その寄せ書きを読んでいる。涙・・・涙。
明日から、吹田市内の社会福祉法人で人生最後の仕事に就く。
感謝の気持ちを忘れずに・・・。
ひとりひとりを大切に、共に生きる・・・。感謝
画像の説明

過去の更新履歴です。(暇なら見てください)

14年6月26日 大変お世話になりました。淡路島から大阪へ
3年2ヶ月の淡路島での生活も後数日である。
3年余で溜まった資料の整理と家電製品の処分など、28日に終える予定である。
30日は、午前中に入居者へのお別れのあいさつもあり15時まで最後の仕事を終えて、夜に大阪に戻る。
7月1日から大阪での生活に戻ります。
聴覚障害者との関わりで貴重な学びがあった。この経験も今後に活かさなくては、と思う。
淡路島の生活以上に慌しくなるのかなあ・・?
淡路島でお世話になった皆様に感謝しつつ、30日の夜には明石海峡大橋を渡ります。感謝。

14年6月17日 世の中の大事な動きとは逆現象
6月末で淡路島を離れ大阪に戻ることになった。
そのことを知った方々から、慰労会やお別れ会が企画され、連日招かれている。
感謝、感謝の日々である。
自宅に帰りテレビをみると、世界サッカー大会のマスコミ報道で日本が酔いしれている。
日本チームやサッカーの応援を全面否定はしないが、今、国会では介護保険制度の「改定」など、重要な法案審議が矢継ぎ早にされている。
介護保険問題で高齢者の収入により負担を原稿1割から2割にする法案の資料が示されたが事実と異なる説明がされ問題となり、更生労働大臣も間違いを認めた。認知症家族の会の勝田副会長は、いい加減な提案が明らかになり、再度審議会に差し戻すように求めたと聞いているが、その後どのようになったのかマスコミは報道しない。
いつも国民、当事者にとって大きな問題といわれる法案審議がされている時、マスコミは意図的に他の問題を大げさに報道し、国民の目をそらすような役割を果たすことが多い。
今回も同じように思うのは、私だけだろうか。
国会での重要な法案審議の動向に気になりつつ・・・業務引継ぎに負われる日々である。

先日、釣り友のM森さんとS見さんでチヌ釣りに行ってきた。アジばかり釣れ、本命がなかなか釣れない状況の中で、M森さんが待望の48cmのチヌを釣り上げた。すぐに画像におさめた。
私も最終時間前に大きなチヌをヒットしたが途中でハリスを切られてしまった。残念・・・。
先日の日刊スポーツ紙にM森さんの釣果が掲載されていた。
釣りは「運」である。
M森さんの釣果の画像が添付できないのが残念。

14年6月9日 お知らせ
7月から大阪に戻って生活します。
お会いした際にはよろしくお願いします。

14年5月25日 Kら崎さんと釣り・・釣果は・・もう一度チヌ釣りたい
今日は朝6時から入居者K崎さんの要望に応え、職員3人の付き添いボランティアで魚釣りに行ってきました。
今年になってはじめてのつりで、ニコニコ顔のK崎さんでした。
昼食用に持っていったおにぎりを何故か8時ころに食べたため、午後2時前にはお腹がすいたので釣りはやめ、との手話。
ええ??と思いつつ、釣りを終えた。時間は2時30分。
さて、釣果は?(画像はイメージ)
今頃、一人で魚をさばいているのかなあ・・・。
画像の説明

14年4月7日 今年も鯉のぼりが泳いでいますい
画像の説明
4月2日(大安)の日に、今年も鯉のぼりが建てられました。
高齢化が進み鯉のぼりを立てる家が少なくなる中で、地域交流会の人たちが、淡路ふくろうの郷の敷地内に手作りの竹で鯉のぼりを建てたのが始まりです。
毎朝7時過ぎに、入居者自治会長の黒崎さんが鯉のぼりをあげ、4時前に降ろす役割です。
昨日は、強風の中、元気に鯉のぼりが舞っていました。

14年4月1日 別れと出会い
画像の説明
昨日(31日)は、退職する職員のお別れ会が入居者との朝の会で行われた。
施設開所当初から働かれてきた二人のお別れ会で、入居者会ら感謝の言葉と身体をねぎらう言葉がかけられた。
施設の外周の桜も満開になった。春である。
本日は、新しい職員8名を迎えて辞令交付と新任職員研修であった。年齢構成も豊富で、18歳から55歳である。みなさん緊張しながらの研修であったが、真剣に話を聞いていた。法人の理念である「ひとりひとりを大切に ともに生きる」の意味するもの、施設の建設経過と入居者の人生等から学ぶことの大切さを大矢理事からあり、あらためて法人理念の具現化に向けた実践を痛感した。
一日目の研修を終えた職員の感想文を読んだ。
3月末に高校を卒業し、遠方から一人暮らしで仕事をはじめるHさんの文章に心がうたれた。自分の今の気持ちや初めて社会人になる期待と自身の成長について、ありのままに書かれた文書である。今後の成長が楽しみである。
3日も新任研修があるが、新任職員が新しい風を吹き込んでくれることを期待したい。

14年3月26日 雑感19 怒りの4月1日を迎える
寒かった日々から徐々に解放され、春の訪れを感じる淡路島です。
事業計画・予算理事会も終わり、新年度の準備に追われる日々ですが、新しい職員を迎える準備と退職する職員とのお別れ会が続きます。
年度末と年度始めは、別れと出会いの時期で、人とのつながりの大切さを実感する時です。
毎日パソコンに向かう仕事が多い中で、タバコを吹かしながら外に出ると、春の訪れを感じる花々が咲き始めています。
画像の説明
今日は、つくしを沢山積んで、誕生日を迎えたH田さんと102歳のT岡さんにプレゼント。大変喜んでおられました。車椅子を押しながら春の草花や4月6日には地域の春祭りで「ふとんだんじり」の来所を楽しみたいものです。
4月から消費税増税されるが、先日、パソコンのYahooを開いた時、政府広報で、「消費税は全て社会福祉にまわされます」との宣伝画像が出ていた。こんなウソを平気で国民に言う現政権の言動に怒り心頭です。先日の職員会議で施設長も、4月は新しい仲間を迎えうれしいが、それ以上に怒りの報が大きい4月1日になる。消費税増税がそうだと話していた。
消費税増税による社会保障予算や施策の実態を知らせなければ・・・そんな思いで新年度を迎えます。

14年3月19日 2年ぶりの講演依頼
2年ぶりに講演依頼を受けた。
今までどんなことがあっても依頼は断らないと考えてきたが、久しぶりの講演依頼で躊躇した。しかし、相手が5年ほど前の大学講義の受講生であり、断ることができなかった。
あらためて、自分を振り返る機会にしようと受け止めた。
四苦八苦しながらレジュメと資料が出来上がった。
過去の仕事を振り返り、信条とする「ほんまもんの福祉」とは何か、を考える機会でもある。
楽しく学びあう機会になれば・・・。緊張しつつ23日は尼崎へ向かいます。
14年2月27日 雑感18 刷新の時期か
3月理事会・評議員会への提案議案も昨日確認され、ホッと一息。
今日は休みだったが朝から1日雨で、自宅に引きこもり状態で過ごした。
昨日は、PM2.5の影響で霧かと思うような1日で、職場でも咳き込んでいる職員が目立った。インフルエンザへの対応も含めマスクが欠かせなくなりそうだ。
春がすぐそこにやってきている、と感じつつ、三寒四温の時期でもあり、体調管理は怠れない。
3月初旬は、洲本市の市長・市議会議員選挙がある。職場がある中川原町から4年ぶりに立候補者が決まった。国の社会福祉制度が利用者や福祉現場の実態とはかけ離れた方向に向かっている。2015年度介護保険制度改定も同様で、市町村任せの制度改定が目立つ。国の悪政に立ち向かいつつ、自治体における住民福祉の充実がいっそう問われている。同地域から立候補される候補者の当選を期待したい。
季節は春に向かっている。政治も春に・・・。
愛用のパソコン(XP)3台も限界か・・・。動きが遅く、Facebookを見ていると画像が多く動かなくなってしまう。日々投稿される内容をすべて見ることができない。・・トホホ。
パソコンも刷新が必要かなあ。

14年2月8日 雑感17 淡路島は雪景色
昨夜からの雪で今朝は雪景色。
ショート利用者の送迎も心配しましたが、事故・遅滞も無く終えてホッとしています。
淡路ふくろうの郷のふくろうも寒そうです。
画像の説明

14年2月7日 雑感16 おお!! 寒い
淡路島も毎日寒さが続き、数日前から風邪気味でマスクを着用しての仕事が続いている。
明日はみぞれか積雪の予報が出され、早朝勤務者の通勤及び食材の搬入対策が必要な状況である。ほとんど積雪の無い淡路島で雪が積もると車の大渋滞に巻き込まれる。
明日は土曜日で総務は一人勤務。その一人が私である。
さらに、9日~10日は、入居者の講演で和歌山まで運転手兼付添である。
気候情報とにらめっこの日々が続きそうである。
15日~16日は東京での会議に出席予定。無理せず、ぼちぼち行こか・・・。

14年1月30日 雑感15 おでんパーティー
画像の説明
29日は地域の方の採りたて大根を使って入居者と「おでんパーティー」を開催した。
入居者と一緒に具材づくりをするグループ。外で鍋でおでんを炊くグループに分かれて、和やかに交流しながらのおでんづくりでした。天候に恵まれ、屋外では焼き芋も挑戦。みんなで美味しくいただきました。地域交流会の皆様に感謝。

14年1月19日 雑感14 気の向くままに
早朝は淡路島も雪が舞い、屋根が白くなりました。寒い・・・。
画像の説明
公休日は定番の喫茶店でモーニング。寒さで外に出るのも嫌になる朝である。
朝から洗濯と簡単な掃除を終えたところで、パソコンに向かっている。
年賀状もたくさん届いたが、「最近、HPの更新が少ない」と書かれている方が数名いた。また、大学の同窓会の企画の話しも届いた。卒業後40年近くになる。定年で退職した者もいるが、多くは再雇用等で今も頑張っているようだ。
小生も淡路島に単身赴任で3年目を迎える。日々、手話に苦戦しつつ、どうにか仕事をしているが、大阪での仕事が懐かしい。
寒さにめげず、情報、コミュニケーションを求めて外に出るか!
雪は止んだが寒い淡路島の朝である。

14年1月4日 雑感13 沈黙より行動へ
初詣で久しぶりにおみくじを引いた。番号は39番でいい番号だったが、おみくじは「凶」で「ゆだんあるべからず」と記されている・・・トホホ。
何事も慎重に。ただし、待っていては、黙っていては、何も変わらない。
これ以上悪くもならない。
気分一新、2014年は「沈黙」より「行動」の年にしたい。

14年1月2日 雑感12 新しい年を迎えて
昨年は歴史の後戻りを感じた年末でしたが、厳しい中にも夢の持てる種々の運動の広がりに希望が見いだせる年明けと感じています。
年末は、母が入居している特養を訪問。体力の低下を感じる94歳の母も新しい年を迎えることができました。
新年は、2日が初仕事。入居者全員に新年のあいさつ回りを済ませ、淡路島ではじめてのおせち料理をいただきました。
今年は、新しい事業(老人デイサービス)と障害者就労支援B型・おのころの家の移転など新たな事業がはじまります。夢が一つひとつ実現できる基盤づくりと飛翔の年にしたいものです。また、新たな挑戦の年になるかもしれません。
今年も何卒よろしくお願いいたします。
画像の説明

13年12月28日 雑感11 一年間お世話になりました
25日は、クリスマス会。
久しぶりのサンタ役。お昼はクリスマス料理をいただき、入居者・ショート利用者全員に手渡しでプレゼント。全員と握手しながら記念撮影。手からぬくもりが伝わってくる。うれしい瞬間です。
画像の説明
29日は、門松づくりと各居室にしめ縄の飾りつけで今年の仕事は終わりです。
30日から1日まで、大阪で新年を迎え、2日から初仕事です。
とり得のない小生のホームページをのぞいていただいたみなさま、ありがとうございました。
2014年もよろしくお願いします。

13年12月23日 雑感11 ちょっと長い「カレイの横取り物語」
淡路島も寒い・・・。
20日は雪もちらつき、千山も雪化粧。
画像の説明
こんな寒さが続く中、S見さんから「釣り行こか」コール。
依頼を断るのが苦手な小生。年内最後の釣行と決め快く返事。
ところが、寒さと風に悩まされる釣行になりそうだが南あわじ市福良に向かった。
連休でもあり、寒さにめげず釣り客が7人程待機していた。
午前7時日の出を待って筏まで船で渡してもらう。
寒さで竿のガイドに糸を通すのに苦労しつつ、団子(ヌカにアミエビやさなぎ、ムギ等)づくりでは手指はしびれるほどの冷たさである。
釣友のS見さんも手慣れた手つきで準備完了。
早々にアジを釣りあげた。そのアジでヒラメ狙いの仕掛けも作る。
本命のチヌ釣りをはじめたのが、筏にわたって40分後。やれやれ、いざ団子を海中へ・・。
小生もアジは釣れたが、本命のチヌのアタリの気配はない。我慢の釣行と覚悟しつつ、ひたすら団子を投入し続けた。S見さんは、カレイ狙いの釣竿も横に置いて釣っている。
昼過ぎにキス狙いの竿の鈴が鳴ったようだが、チヌ釣りに夢中のS見さん。
横に並んだ筏の二つ目(100m程離れている)の釣り人が大きな声を出している。大きなカレイを釣りあげたが、どうもS見さんの仕掛けに掛っていたようで糸が100m以上も出て絡まっていたようだ。
小生はチヌのアタリも全くなく、4時前に魚に感謝しつつ釣り場をきれいに掃除して納竿した。
40cm弱のカレイを横取りされたS見さんは、言葉少なに、「私は釣った感触はない」と自分に言い聞かせて帰阪した。
釣りは「楽しい」。来年はどんな釣果が・・。

13年12月18日 雑感10 ささやかな還暦祝い
昨日、職場の仲間の還暦祝いを総務部でささやかに行った。
ろう者の彼女は、私の手話の講師でもあり、覚えの悪い小生を叱咤激励してくれる。
入居者の移動等の援助や清掃、各種会議に施設見学の準備など、多彩な役割をもち、日々頑張っている。
還暦とは思えない若さである。
いつまでも元気に大切な役割を担ってほしいと願っている。
画像の説明

13年12月14日 雑感10 淡路島から・・・
淡路島も毎日寒さが続いています。
ストーブが欠かせなくなりました。
15日は、母が入所している特養に訪問。そして、16日は、10月に生まれた孫の宮参りで、大阪に帰ります。元気が何より・・・。
画像の説明

13年11月28日 雑感9 淡路島から・・・
毎年8月末、淡路ふくろうの郷の車両進入路に設置される案山子10体。
10月末のふくろうふれ愛まつりでの役割も終えた。暑さ・大雨・強風にも耐えて今日も立っている。
先日の強風で、案山子の役割は終わりましたと玄関に向かって言っているように見えた。
今日はともかく寒かった。豊作と健康を願って作られた案山子だが、今月末でその役割が終わる。
画像の説明
30日は、上半期の事業報告と決算理事会・評議員会である。準備もほぼ終え、当日を迎えるところだが、これでホッと一息つけるかなあ・・・。
夏から秋がなく冬がやってきた淡路島。
好きな釣りも寒さでどうなることやら。
やるべきことは沢山ある。12月7日からの21・老福連職員研究交流集会に参加予定。誰に会えるかなあ・・・楽しみながら京都に向かおうと思っている。

13年11月17日 雑感8 やっと見通しが・・
画像の説明
昨日は所用で神戸のしあわせの村へ。日陰に入ると寒さが・・・。
本日は、朝から実態調査のパソコン入力。私の部屋も寒くてジャケットを着込みながらパソコンのキーボードを叩いている・・・あまりの寒さで仕方なく灯油を買い求め、石油ストーブを使うことにした。
暑さ、寒さ嫌いの小生には身にしみる季節の到来である。
実態調査の入力もあとわずか、本日中に仕上げなければ、何としても・・。

13年11月15日 雑感7「中間決算の役員会資料がやっとできたぞ」
11月末日に開催する2013年度上半期事業報告と下半期の目標、決算報告は先日、監事監査を受けやっと資料としてできあがった。明日には印刷できるところまでできあがった。
一安心だが、実態調査のパソコン入力が待っている。
仕事は次々と舞い込んでくる・・トホホ。
早く一息したいものです。
画像の説明

13年11月11日 雑感6「またこんな画像・・?」
日々face bookを眺めているが、きれいな自然(紅葉)や旅先の画像が送られてくる。時には、感動する画像もある。カメラ好きな小生にはうらやましい限りである。
今日は、公休日だが自宅で実態調査の内容をパソコンに入力している。期限までに入力を終えなければならないが悪戦苦闘である。
小生が画像を追加するとしたら、これしかない。送っていただいた好物の柿とチヌ。
また・・釣り。と言われるが・・・。秋深しコタツを出してひと眠り。笑々
画像の説明

13年11月2日 雑感5「二つの調査活動と集約・分析」・・・?
一大イベントである第8回ふくろうふれ愛まつりが、数年ぶりの晴天下で準備・開催することができた。ホッと一息だが、二つの実態調査・アンケートの分析と集約の期日が迫り悪戦苦闘である。
全国の施設長アンケート調査では、国の制度改革に順応した意見もあり、介護保険制度の矛盾が国の「財政難、自己責任論」等に影響され、国の制度改革に順応した意見が目立ち始めた。一方で、利用者負担増大への危惧から「応能負担」を求める声が多く出された。資格制度の変更等に対して、介護現場の実態に見合わない施策であるとの指摘が多く出されている。アンケート全体の分析も最終盤に入っているが、11月11日には、中間まとめとして厚生労働省に提出される。
もう一つの調査は、ろう者・難聴者への生活実態調査で、1000人を超える人の調査結果の集約とまとめである。回答を見て、ろう者・難聴者の情報保障、気軽に相談・集える場等の重要性が浮かび上がってきた。この調査結果は年を越すが、結果をもとに新たな施設づくりにつなげていきたい。
こうご期待!

13年10月12日 雑感4「老化」・・・?
先日、障害者しごと実習に来られたIさんと一緒に仕事をした。
3日間の実習で、保育園児とのいも掘りを計画していたが、あいにくの雨で中止。
仕方なく台風に備えて、土のう作り(100袋)。がんばるIさんに負けずと精を出した。
三日後に肩と腰に痛みが・・・トホホ。
さらに、目の周りに浮遊物が飛んでいる。眼鏡に虫でもついているのかと思い眼鏡を取っても変わらない。「飛蚊症」かも?
昨日、眼科へ受診。待つこと3時間で、各種検査の連続。
検査結果は、予想通りで、医者から「老化です」と言われ・・・トホホ。
両目に瞳孔を開く点滴もされ、受診後は眩しくて運転もできない。
医師から、一週間後に再度受診と言われた。網膜の状態を再度視るとのことだ。
近くのメガネ屋で眩しさを和らげる偏光メガネを購入した。
思いがけない体調の変化・・・「老化」ですか?

13年10月12日 雑感4
予定日より10日ほど早い、10月8日に二人目の孫(男)が生まれました。
単身赴任の身で、すぐに対面したくても叶わず、明日の夜、大阪に帰ることにしました。
娘が新ママに・・・実感はわきませんが楽しみです。

13年9月16日 雑感3
母親の病院付き添いから4日ぶりに洲本に戻った。
本日病院を退院。台風で特養ホームまで行けるか心配だったが無事入所した。
介護者の急な体調不良で、奈良の実家近くの特養ホームのショート利用をすることにした。
急な申請だったが快く受け入れてくれた特養ホームに感謝。
母親のショート入所に付き添ったが、平成2年に開所した施設で、4人部屋が基本で、ショートの部屋は8人部屋で驚いた。まだ、ショートと言え8人部屋があるのである。
母親も環境の変化に動揺したのか、食事を拒否した。一番辛い瞬間である。一ヶ月以内で家に帰るから元気でね・・・と言いながら帰宅した。
これも介護の現実である。
画像の説明

13年9月8日 思いのままに
連日の雨で、雨宿りしていた案山子10体を立てた。
夕日に向かって立つ案山子。
夕日がきれいで思わず撮影した。
虫の音で秋の訪れを感じつつ、仕事を終え帰宅する。
明日天気にな~れ!
画像の説明

13年8月29日 今年も案山子10体がお出迎え
先日は久しぶりの雨。朝はトンボが舞い始め秋の訪れを感じる。
職場では恒例の案山子(10体)づくりを終え、昨日、進入路に設置した。
毎年、地域交流会の方々のご支援で案山子の骨組みが作られ、入居者と一緒に10体の案山子に衣装が飾られる。
色とりどりの案山子の出来上がり、地域交流会の方々と一緒に記念撮影。
画像の説明
豊作と皆様の健康を願い、10体の案山子が秋空に建っている。
もうすぐ秋・・・・。
10月27日は、ふくろうふれ愛まつり。今年の企画は?・・こうご期待!

13年8月25日 今年も案山子10体づくり
今年も10月のふくろうふれ愛まつりに向け、案山子10体づくり。
24日は大雨の中、地域交流会のご支援で竹を伐り出し、案山子の骨組みづくり。
25日は、入居者と一緒に案山子10体に衣装付け。
みなさん出際よく、個性的な案山子10体が出来上がった。
完成後は毎年、フェンスに10体を並べて記念撮影をするが、雨模様のため、案山子は雨宿り。
画像の説明
27日の朝に、地域交流会の人と一緒に設置する予定である。
案山子は、豊作を願うとともに、淡路ふくろうの郷に来られる人をお出迎え。10月のお祭りまで設置される。
個性的な10体の案山子・・・じっくり眺めてください。

13年8月18日 雑感・・2
残暑お見舞い申し上げます。
淡路島も連日の猛暑で、外に出るのも嫌になる日々である。
好きな釣りも、この暑さでは・・・当分お預け。
お盆も仕事だった。
淡路島のお盆は、帰省した家族が外食されるようで多くの店は客でいっぱいとのこと。
そのため一か月前に予約した民宿で「ハモ料理」を堪能してきた。
中でもハモ鍋は絶品。これで猛暑をのりこえられるかなあ。
9月末までハモは食べられます。一度、ハモ鍋を食べてみてはいかかですか・・・。
画像の説明

13年7月29日 雑感・・1
以前に高知で聴覚障害者の老人ホーム建設を求める関係者の運動を紹介し、その集会にも参加したが、先日、朗報を受け取った。
事業の内容は、養護老人ホーム30名の整備であり、特別養護老人ホームではないが、聴覚障害者の高齢者施設づくりと実践の中で、特養の必要性につなげていけばと考える。設置主体である社会福祉法人は友人が理事長であり頼もしい。整備にあたり当事者の声を反映したハード・ソフト面の整備を期待したい。
画像の説明
最近、ブログに書くことも少なくなり、一カ月ぶりの記載になる。
書くことは釣りの話ばかり・・・と言われているが、筏でのチヌ釣りに同行したS見さんが三度目のチヌ釣りに挑戦した。本命のチヌは釣れず今度こそ・・・三度目の挑戦で見事30cm超のチヌをゲットした。ウキも何も使わず、魚のあたりを穂先で読み取り釣りあげるため、待望の魚が釣れると、多くの人はハマってしまう。「暑い時期の釣りはしません」と言っているチヌ釣り仲間のM森さんとS見さんは対照的である。釣果は「運」だが、釣りは楽しい。
昨年の今日はヘルニアで入院手術し一年が経つ。60数年の年を重ねた今、健康の大切さを実感する。
しかし、今年も暑い・・・。

13年7月6日 久しぶりです
仕事を終えて家に戻り、毎日パソコンに向かいながらメールやFace bookをチェックし必要な返事等は返信してはいるが、最近、自身のブログの記載まで頭が動かなくなった。
12日には、手話サークルで福島南相馬市視察の報告をする予定だが、中々思いがまとまらない。直接見て感じたこと、現実をありのまま伝えることが大事だとは思っているが・・・。
職場とアパートの往復で、情勢ボケなのか、・・・何となく日々が過ぎているように思っている。この暑さ続き、焦らずボチボチ行こうか。
画像の説明
13年6月25日 久しぶりの更新です
先日(24日)、福島原発(正式には「福島県にある東京電力の原発」)事故から2年4ヶ月を経過した近隣地域の視察に行ってきた。原発から約6km地点まで足を運び、福島の今を身体で、画像で感じてきた。後日、画像も添えて思いのままを報告したい。
画像の説明
※画像で、三本の煙突が建っているのが東京電力の福島原発です。

13年6月2日 旧友との出会い
画像の説明
公休日なので、組合(福祉保育労組兵庫地本)結成50周年記念バザーに職員と一緒に参加した。労働組合の役員も世代交代で、OBのM岡さん、そしてH間夫人にお会いした。また、大阪の委員長T和さんとも偶然に再会した。みなさん元気です。
午後からW福祉会理事長とコーヒーを飲みながら2時間程雑談。
バザーはすでに終了し、一人で電車とバスで帰島となった。
もっと多くのOBに出会うのではと思ったが、残念。
久しぶりに神戸で休日を楽しんだ。

13年5月30日 Yさんとのお別れの日がやってきた
淡路ふくろうの郷建設前から約7年8カ月勤められた八木事務長が5月末で退職される。
先日、地域交流会の皆様と八木さんの慰労会を開催した。施設建設後も地域とのつながりを大切に努力されてきた貴重なお話しを沢山聞かせていただいた。
画像の説明
そして、本日朝、入居者とのお別れ会を開催した。
親の介護のため実家(奈良県)に帰られるが、予想もしなかった退職で気が重い。
先日から、「最近ブログの更新がない」「元気がない」・・・と職員からも言われる。
画像の説明
大矢施設長を支え、法人の事業理念の実践と施設の管理運営に徹してきた八木事務長の退職で、正直その役割を継げるのか、日々悩み続けている。そうした姿が職員にも映っているようだ。ごめん!
人との関わり、繋がりには、出会いがあり、別れがあるものである。仕方がない・・・。
♪♪ さ~よなら さ~よなら あなたに逢えて よかった
さ~よなら さ~よなら もっと もっと 話したかった
さ~よなら さ~よなら いついつまでも おげんきで ♪♪

13年5月18日 楽しい連休だった
連休であったが、施設見学等の対応であっと言い間に連休が終わった。
気温の上昇で半袖でも日中は暑さを感じる。久々にシーツ等の洗濯物を外に干した。日光にあたった洗濯物は気持ちがいい。
画像の説明
昨日は、法人理事会の議案書送付と夕方は入居者と回転寿司へ。
今日は、大学の同級生が学ぶ学生の施設見学と手話狂言(岐阜県より)の観賞など・・・。
見学者は、社会人学生であり、M野氏とは卒業以来の再会だ。よっては話しは自然と熱が入り予定の時間を40分超過したが、見学者の質問や表情から、施設の運営や実践について少しは知っていただけたと思う。
慣れない手話(手話狂言)を読み取るのは難しいが、ストーリーが分かりやすく笑いながら観賞できた。しかし目が疲れ、自然と涙が出てくる。楽しい場面で、私は涙・・・入居者が不思議そうに見つめている・・・トホホ。
狂言が終わって、施設長がマスター役で美味しいコーヒーを入居者といただく。ホッと一息。楽しい連休だった。

13年5月11日 兵庫県内の聴覚障害者生活実態調査いよいよ始まります
画像の説明
一年前から検討してきたこの調査は、直接お会いしての聞き取り調査で、ひとり一人と向き合い、対話をしながら行うもので、意志疎通の困り、家族・隣近所や地域とのお付き合い、災害時の避難、仕事、病気など、困りごと・要望・希望などを聴くものです。
兵庫県内1000名以上(子ども対象の調査も含む)の調査で、6月から8月末までに実施。3月末には調査報告書(DVDも含む)を出す予定です。
各種団体で実態調査が取り組まれていますが、聴覚障害者分野でこうした聞き取り調査を行うのは全国で初めてです。
本日が調査の出発学習会でした。
目標の一つに、社会的孤立や貧困の課題は、聴覚障害者を含む国民的な課題となっていることに目を向けて、今回の調査を、私たち自身の人間としての人格形成にも活かすこと、高齢者はもちろん、ひとり一人が「安心」そして「自信」と「希望」を持ちあえる暮らし、障害者権利条約・総合福祉法骨格提言による、インクルージブな社会とはどんな社会なのかを、調査により明らかとなった実態によって追求していきます。
暑さに向かっての調査実施ではあるが、心も熱く成功させたい。

13年5月6日 連休も終わったが・・
4日の夜、大阪に向かったが、高速道・東浦手前から渋滞。淡路島内で渋滞に出合ったのは初めてで、明石海峡大橋も止まりながら通過した。大阪まで約3時間もかかった。
5~6日は連休だが、どこも込んでおり出歩く気もしない。いつのも喫茶店で久しぶりに会う常連客と雑談しつつ、自宅でゆっくり過ごした。
6日も渋滞を避けるべく早めに洲本まで帰った。
明日からは、5月決算理事会の資料の整理と監事監査の準備等で毎年多忙な月である。がんばるしかない。

13年4月29日 大阪から来島した釣友との釣果は?
釣友の釣果は、五目釣りとなりました。日中は暑く感じる程の天候だったが、釣れた魚は、アジ、カレイ、アイナメ、ベラ、そしてボラにフグ・・・。残念ながら本命のチヌには出会いませんでした。
釣り人は10名を超えていましたが、本日の全体の釣果で、チヌは一匹のみ。
画像の説明
こんな日もあるのが、釣りです。
次回はリベンジ・・・。

13年4月27日 29日は釣友と淡路島・福良で釣り・・
釣りの話が続きます。
世間は連休に入ったが、交通渋滞を考え出掛ける予定もない。
明後日は、大阪から釣友(Mさん)と初釣りのSさんが来島する。
天気も良さそうで、釣果が楽しみである。
チヌ釣りも団子や種々の餌を購入すると高くつくので、私は団子を全て自分で作る。
ヌカに砂利を混ぜ、購入したあら挽きとムギ、アミエビを混ぜて団子を作っている。そのため、釣りの餌を含めて2000円以内の投資ですむ。
今夕から、3人分のヌカ団子作りをした。当日、筏の上で3人分のヌカ団子を作るには、一汗かかないと出来ないため事前に作った。
釣具店の店員から楽しそうですねえ、と言われた。
先日、50cmのチヌを釣ったが、今度は50cm超えを狙いたい。
3人の釣果が楽しみ。釣りは楽しい・・・。

13年4月20日 久しぶりの釣行。待望の50cmのチヌが釣れました。・・・
久しぶりの釣行。今年はじめてのチヌが釣れました。
午後から雨が降ったが、我慢の釣りで、チヌ(20cmから50cm)を6匹釣りあげた。
47cmのチヌはメタボなチヌ。産卵前のチヌのようだ。
画像の説明
明日の日刊スポーツの釣り情報に掲載されるようだ。
私は、1匹のみ持ち帰り、他は職場の同僚に贈呈。
淡路島の人はチヌを食べないようだが、喜んでいただき満足・・・。
釣りは楽しい。

13年4月15日 うれしい連絡が・・・
気候・気温の不順が続いているが、先日うれしい新聞掲載(日刊スポーツ紙)があった。
画像の説明
いよいよ釣り本番か・・・しかし、休日は雨風等で中々釣行できない。
ところが、釣友から4月末に淡路に行きますとの連絡が入った。うれしい釣友である。
地震があり余震も心配だが、釣行できる日を楽しみに・・・・。
今年は、50cmオーバーのチヌを釣りあげるぞ!

13年4月13日 地震の被害状況
今朝の地震(淡路島)による被害状況です。
法人内事業所それぞれで、人的被害はなかったものの、物の落下、転倒などは画像のとおりです。
淡路ふくろうの郷では、今もエレベーターが止まったままで、業者の到着を待っている状況です。
多くの方々からメールや電話をいただきました。本当にありがとうございます。まずは近況報告です。
余震が続き気になりますが・・。
画像の説明

13年4月10日 旬の筍をいただいた
洲本の大家さんから獲りたて、湯がきたての筍をいただいた。
一晩冷まして、明日いただくことにする。
淡路島も一気に春の到来である。
旬の食べ物をいただけ幸せ、感謝である。単身赴任の身、明日は筍ごはんにするか。
画像の説明
12日は埼玉県へ出張。日帰りの出張だが、淡路島に戻れないので大阪で一泊になりそう・・・。

13年4月8日 桜と鯉のぼり
先日の爆弾台風の影響で施設内に設置してある鯉のぼりのポールが倒れた。
強風で吹き流しが先端の風車に引っ掛かり、強風で破れてしまった。
今朝、地域交流会の人達で鯉のぼりの設置枠(基礎)の打ち替え作業をしていただいた。
おかげで立派な鯉のぼり台が復旧。また5匹の鯉が元気に泳いでいます。
画像の説明

13年4月5日 桜と鯉のぼり
新しい年度、新しい職員も迎えあわただしい日々が続いている。
淡路島も桜は満開から散り始めている。入居者と花見で南あわじ市方面に行ったが、桜の花びらが少なく残念・・・また来年のお楽しみ、といいながら帰ってきた。
淡路ふくろうの郷では、毎年4月1日から地域の方々の協力で、鯉のぼりをあげている。
桜と鯉のぼりが青空に映えている。
入居者の黒崎さんの役で、毎朝6時に鯉のぼりを上げ、夕方4時に取り込まれる。
本日も元気に泳いでいます。
画像の説明
7日には中川原の春祭りで、「座布団だんじり」が淡路ふくろうの郷にやってくる。
しかし、天候は爆弾低気圧で心配だ。雨ならだんじりは中止になる。天気の回復を祈って・・。

13年3月31日 まだまだ、海水温は安定せず・・??
昨日の釣果は、水温が低くチヌのアタリか全くなし。
3時過ぎにカレイ(35cm)一匹釣れるが、本命ではない。
桜は昨年より早く咲き、4月の花見には散ってしまう機構ではあるが・・。
まだまだ、海水温は安定せず、チヌが連れ出すのは4月中旬以降かなあ・・?
日刊スポーツを見ていただいた方、そんな結果でした。
画像の説明
桜も急に咲き、来週の花見まで咲いているか。
もうすぐ新玉ねぎの収穫時期。
そして、明日から新年度。新たな気持ちで・・・。

13年3月29日 手話サークルの総会
手話サークルあわじの総会に出席した。
毎週一回のサークルで欠席が多いが、総会なので出席した。
活動報告や活動方針を読んで、聴覚障害者とともに学び合うことや淡路ふくろうの郷への支援など、感謝すべき内容が記載されている。本当にありがたいことである。
総会後の集合写真。
画像の説明
手話が覚えられず、読み取りもままならない状況だが、焦らずに・・ボチボチいこうか。
明日は、今年になってはじめての釣りに行く予定である。
まだ気温も安定せず、釣果は期待できないが、一日釣り糸を垂れてストレス解消といきたい。釣果は、31日付、日刊スポーツ関西版釣り情報欄をお楽しみに・・・。

13年3月27日 困った時はおたがい様・・・
年に一回だが、地域の独居老人と近況報告などをし合い、入居者との交流会を兼ねた会を開催している。今回で3回目になるが、本日は18名の方が参加された。
画像の説明
昨年7月から事業開始した、地域住民同士で、お互いの困りごとを解決する「おたがいさま事業」や、気軽に集える「交流広場桜ケ丘」の利用状況などを話し合った。
多くの高齢者は、迷惑をかけてはと事業の利用を遠慮されていることもわかった。事業の目的を丁寧にお知らせし、困った時はおたがいさま・・・気軽に利用でき、安心して暮らせる地域づくりをめざしたいものだ。

13年3月26日 出会いと別れの時期ですねえ・・・
あと数日で新年度(2013年度)を迎える。
この時期は、出会いと別れの時で、涙と感謝、祝福が交差する。
年のせいか、涙腺が緩み、涙の日々が続きそうだ。
種々の理由から退職する仲間。
新たな気持ちで就職される仲間。
私もあとどれくらい働けるかわからないが、豊かな福祉(ほんまもんの福祉)を求めて共にがんばりたいですねえ。

13年3月25日 車も走行10万キロを超えた・・・
久しぶりに大阪でのんびりしてきた。
先程、淡路島に戻り、メールやFace book等をチェック、知らぬ間に90分を過ぎていた。
全国からきれいな桜等の画像が送られてくる。一枚一枚眺めていると、あっと言う間に時間が過ぎていく。
最近は携帯電話で撮影することが大半で、きれいな画像を見ていると愛用の一眼レフカメラを持ってウロウロしたくなる。
画像の説明
9年目の自家用車も走行10万キロを超えた。いろんな思い出のある車だが、あと何年乗れるかなあ・・・?

13年3月16日 思いもしない再会で感無量・・・
本日は一人勤務の日だった。
入居者の看取りで病院との対応等で一日がはじまり、午後からは、地域の方々の手話講座の日で、休憩時間中のお茶の接待などでバタバタしていると、K田さんが元気な様子であらわれた。
思いもしない再会であり感無量だった。
互いの近況を報告し合いながらの一時であった。4月から復職するとのこと、何よりの春の訪れである。K田さん遠方までありがとう!
画像の説明

13年3月13日 春がすぐそこに・・・
公休日だったが、午前中はちょこっと会議に参加。
今日の神戸新聞に洲本市中川原町厚浜の岡本邸のしだれ梅が掲載されていた。午後から風と雨の予報。急いで岡本邸のしだれ梅を撮影に向かった。到着すると雨がポツリポツリ・・急いで数枚撮影した。足元を見ると、つくしが・・・春がすぐそこに・・。
画像の説明
♪♪春のあたたかさ ここちよく 枯れ草に寝転ぶと 春の臭いがした・・・♪♪

13年3月11日 高知市内で聴覚障害者老人ホームの設置を求める決起集会
9日、高知城近くの公園で開催された、聴覚障害者老人ホームの設置を願う決起集会に参加した。集会は、高知県聴覚障害者福祉協会など5団体が呼び掛け、200名を超える関係者が参加した。集会で、聴覚障害者に配慮した運営等を求めた集会アピールが確認され、参加者全員で、はりまや橋までパレードを行った。
画像の説明
当事者による聴覚障害者の特別養護老人ホーム、養護老人ホームの設置に向けた行政への運動がはじまった。施設の建設に向け、友人が経営する法人が建設に向け取り組んでいる。全国各地で、ろう者のコミュニケーションを大切にした事業所が設置されていく運動がはじまっている。全国の仲間が繋がって運動に発展していく・・・これからが正念場である。

13年3月7日 最初の一歩が大切
淡路島も日中は暖かくなってきた。
真っ青な空と梅の花を見て、春の訪れを感じている。
画像の説明
心も和やかになる季節の到来だが、2年目の3月11日がやってくる。
震災後、未だに瓦礫の山状態の地域。原発による見通しのない立ち入り禁止区域が今も存在している。
今、私たちひとり一人にできることは何か。
9日は、高知県内に聴覚障害者老人ホーム建設を進める関係者の集会(高知城の近くの公園)に参加します。
諦めないで・・・最初の一歩が大切なんです。

13年3月4日 人を裁くことは簡単にはできない
昨日から人を裁く役を受け大阪に帰省している。
どのような内容なのか、客観的で冷静な判断ができるのか、自信はない。
結果は、相手方の訴えの変更申請が出され、審議は中止となった。
ほっと安心・・・人を裁くことは、どのような理由であれ難しいのが実感である。
貴重な、ちょこっと体験でした。
13年2月23日 愛用のパソコンが無事修復
9年目になる愛用のパソコンが無事修復された。種々のデーターが保存されており、どうなるか心配だったが、これで一安心。早々にデーターのバックアップを行った。
画像の説明
一週間で送られてきたメールの処理への返信を行い、face bookもチェックした。あまりの量の多さで、確認するのに1時間余を費やした。face bookも友達を増やし続けると内容確認が大変でもあるが、送られてくる内容の多くは貴重な情報や素晴らしい画像が多く、日々楽しみである。特にO脇さんの情報発信量(画像も含め)には感心する。日々見ることに馴れ、自信の発信(つぶやきも)が少なくなっていることに気づく。日々の仕事・生活での気づきや感動等が減ってきているのかなあ・・・トホホ。
感じたことを、「つぶやき」として発信することを大切に、続けたい。

13年2月17日 ノートパソコンが不調に
長年愛用してきたノートパソコンが不調に。近くの修理店へ直行した。
長年のデーターをバックアップしていないため、何としても修復してもらわなければ・・店員曰く、メールの復旧は困難かも・・・とのこと。修理には一週間かかるようだ。
8年間使ってきたが、時々メールにつながらないことがあり気になってはいたが・・トホホ。
何とか、予備のパソコンでインターネットと新しいメールは送受信できる状態にしたが、相手のメールアドレスが分からない。
心当たりの方は、メールください。登録します。
Eメール [email protected]  (公三くん)

13年2月15日 二つの研修に参加・・新たな学びと出会い
・淡路ブロック事務職員研修に参加した。
内容は、新会計基準への移行処理についてのお話しで、税理士の田中正明氏より詳細な話がされた。移行処理には膨大な資料の理解が問われるが、本日の話を聞き、あらためて当法人の事業実態に合わせた移行処理への参考となった。当法人は新規事業の件もあり、慌てずに最終年度の移行を考えている。
研修会を終えて懇親会にも参加した。淡路島では、老人福祉施設関係者の方も知らない人が多い中で、久しぶりにお会いした施設長との会話や由良のAさんとの会話など、楽しいひと時であった。
・懇親会を終え、昨日から当法人にモルディブから来られている研修生のお話しを聞きに会場を移動した。遅参での参加であったが、モルディブの文化やくらし、食や環境、聴覚障害者の現状等多岐にわたるお話しを、参加者からの質問を交えて学んだ。モルディブは観光リゾート地として紹介されているが、アルコールは一切飲めない。豚肉は宗教との関係で食べない。自家用車もあるが、大半は観光用に使用されていることなどあらためて知ることばかりであった。22日までの研修だが、もっと交流しなければと思っている。しかし、日本語手話が上手で感心である。
画像の説明

13年2月7日 三ヶ所にひな壇飾り
昨日、女性職員による雛段が設置された。
毎年、施設の玄関と各階に設置される。ひな壇の見取り図を見ながら一体ずつ置かれていくが、小物や設置場所に苦労している。後ろで入居者さんが監督をされている。
何事もわからなければ人生の先輩に聞けば解決する・・・そんな場面でした。
立派な雛段の完成です。
画像の説明

13年2月3日 笑いの絶えない節分行事
今日は節分。
職場では可愛い赤鬼がユニット内をウロウロ。途中で青鬼と迷子になり必至で探す赤鬼。
画像の説明
「福は内」どころでない、鬼がウロウロの節分の催し。怖い鬼退治どころか、笑いの絶えない節分行事でした。
そう言えば、淡路ふくろうの郷の2013年の漢字で入居者自治会長のK風さんは、「笑」と記されていました。
笑顔・笑いの絶えない職場・・・大事ですねえ。

13年1月31日 お勧めです。
●思わぬ来訪者が・・・。
昨日、淡路島に家族で来ています。とのメールをいただいたが、あいにく夜まで神戸駅近くで会議、会えないねえ・・・と言って諦めていたが、今朝再度メールがあり、再会を期待して返信。
家族旅行中であるのに、わざわざ職場まで足を運んでくれた。「私の元気な顔を見たい」とのことで訪問していただいた。つかの間の時間ではあったが、うれしかった。第二子が生まれるようだが、家族が増えることはうれしいものです。元気な第二子誕生を楽しみにしています。
A木さんありがとう。大阪が懐かしい・・・。
画像の説明

●貧困大国アメリカのようにならないために政治をあきらめてはならない
『政府は必ず嘘をつく─アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること』堤未果インタビュー
詳しくは、http://www.webdice.jp/dice/detail/3485/
▽ジャーナリスト・堤未果氏が2月に上梓した『政府は必ず嘘をつく─アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること』は、彼女がこれまでに発表してきた『ルポ 貧困大国アメリカ II』などでも評価を受けた非凡な洞察力により、一見バラバラに位置すると思われる911、311、TPPを貫く問題を明らかにしている。その基盤にあるのは『アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること』というサブタイトルにもあるように、アメリカの貧困化を目の当たりしてきたことがあるという。示唆に富んだ言葉には、日本が変わるためには、これからどのように社会と政治を見ていくべきなのかというヒントが隠されている。

13年1月29日 お勧めです。ラジオ番組『ラジオフォーラム』
公休日だが、淡路島もインフルエンザが流行しており、感染予防のため自宅でのんびりと過ごしている。
午前中は掃除洗濯を済ませ、屋外に洗濯ものを干したが、乾燥にはエアコンが必要な状況である。
単身赴任であらためて気付いたことは、水光熱費が高く、先月は、ガス・電気・水道代で月9925円にもなった。給与の6割が家賃・水光熱費・ガソリン代・通信費等に費やされる。感染症対策は温度と湿度と言われるが、今日も石油ストーブで我慢している。
画像の説明
午後からは、パソコン相手にネットからの情報や音楽を聴いている。先日知った下記のラジオ「ラジオフォーラム」は是非お勧めである。ラジオがなくてもパソコンで聴ける。
●MBSラジオ「たね蒔きジャーナル」の報道精神を引き継ぐラジオ番組『ラジオフォーラム』が1月12日から始まりました。全国各地のコミュニティFM とYouTubeなどネットで放送を展開します。
ここから聴けます。http://www.rafjp.org/

13年1月28日 自然豊かな洲本市中川原町いいねえ
朝は、淡路島もうっすら雪化粧。とにかく寒い。
先日神戸新聞に掲載されたが、中川原ふれあいセンター(旧中川原中学校)で、洲本市中川原町周辺で見られる野鳥(日本野鳥の会の出口敦司氏撮影)の写真が展示されている。展示は1月末までとのことだが、きれいなチラシも作成されている。
日々、車での移動のためこうした野鳥を見ることがないが、時間があれば野鳥ウオッチングもしたいなあと思う。
自然豊かな中川原町に特別養護老人ホーム淡路ふくろうの郷がある。
画像の説明
テレビで首相演説を聞いた。議員の三分の二を占めた自民党党首(総理大臣)の発言は、国民の生活不安や原発問題などは触れず、国民に責任を転嫁させる内容が主であった。国民が期待した民主党政権に裏切られ、再度自民党に政権に戻ったが、またしても裏切られそうな所信声明に唖然とした。そう思うのは私だけだろうか・・・。

13年1月27日 唄はいいねえ
公休日。午後から、南修治トーク&コンサート・・ありのままのあなたがすばらしい・・に行ってきた。自身の体験を踏まえたトークと歌を聞き、あらためて歌の素晴らしさを感じたひと時でした。
画像の説明
小生の愛用のギターが横で眠っている。久々にギターでも弾こうか・・・。
♪うたうのはいつも名もない唄・・♪

13年1月26日 やっと修復
小生のHPがつながらなかったが、やっと修復した。原因不明・・・。
土日は一人勤務で、本日は私が勤務日である。朝から強風でともかく寒い。
入居者の通院等が急に入り午前中はバタバタであった。
昨日、手話サークルので「胃がん・大腸がんで死なない秘伝」と題したお話を聞いた。
結論は、早期発見・早期治療で、①定期的に胃カメラ検査を受けること。②緊密な相談ができるかかりつけ医を持つこと。③医者・病院選び(いい病院に受診すること)。と話された。
さらに、肥満と喫煙者は手術困難者であると付け加えられた。
私の結論は、「タバコは止められない。癌にだけはならない。」・・・トホホ。

13年1月15日 お世話になりました
16日午後から18日まで、全国聴覚障害関係施設管理職員研修に出席した。
数年ぶりにお会いする講師もおられ、楽しみに参加させていただいた。20名ほどの研修で、研修時間外での交流も深まり充実した研修であった。
画像の説明
最終日の朝は、銀世界。京都は寒い・・・。
沖縄の比嘉さん、長崎の川上さん、山梨の保坂さん、堺市の井澤さん、尼崎の岡崎さん、そして和田さん等々、大変お世話になりました。
各地の聴覚障害者情報センターの関係者が多かったが、色々と勉強させていただいた。何よりも地域差と人材育成が課題であることが共通していた。
日々、手話でのコミュニケーションがとれずに悩み続けているが、あと一年はこの仕事を続けようかと考えている。
研修会でお世話になった皆様、今後もよろしくお願いします。

13年1月15日 明日から三日間、京都で研修
大きな指摘もなく行政監査も終え一息である。
明日からは、京都嵯峨嵐山にある全国手話センターで3日間の研修に参加する。
お世話になった講師が数名おられ、研修が楽しみである。
寒い日が続いているが、初心に帰り学んできたい。
大阪でお世話になった釣り名人中尾氏が、本日和歌山でチヌ(42~46cm)を6匹、イシダイ(40cm)1匹、ヘダイ(40cm前後)7匹を釣ったとの情報が入った。さすがに名人である。
画像の説明
淡路の福良は、1~2月は渡船屋が休みで釣りに行かれない。早く春になれ!

13年1月11日 寒さ続きで電気代が心配
15日の行政監査の準備もほぼ終えひと安心。
新しい法人・職場での監査は初めてで、準備すべき書類と記録等に重点を置き作成したが、初めての監査であり緊張している。あとは監査を待つだけ・・・。
今日も21:30過ぎに仕事を終え外に出ると氷点下1度である。車のフロントガラスも凍り、暖気が必要な状態である。
淡路島も数日間寒さ続きで、風も強く、背中にホッカイロを貼っての日々が続いている。部屋も石油ストーブだけでは暖がとれない状態である。電気代を心配しつつエアコンのスイッチを入れた・・・あ~あ。
明日から二連休であるが、自宅にいると来月の電気代が心配である。

13年1月6日 好物・・焼いた餅は格別
数日分の食材の買物。思わず好物のお餅を買ってきて焼いたお餅でぜんざいと醤油をつけていただいた。
ストーブで焼くお餅は格別です。
厳しい時勢が続くが、諦めず、ぶれることなく粘り強く過ごしたいものです。
画像の説明

13年1月1日 明けましておめでとうございます
2013年の年賀状です

※読まれての感想などは、メール [email protected] まで
''};

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional