ようこそ、Quick Homepage Makerへ。簡単、シンプル、美しいページを作りましょう

更年期症候群

目次

更年期症候群とは、

およそ45歳から55歳の閉経周辺期にエストロゲン(女性ホルモン)低下により起こる様々な不調のことを総称して更年期症候群と言います。

症状

典型的な症状は、火照り、発汗、動悸、息切れ、疲れやすい、肩こり、冷え、不眠、いらいら、抑うつ状態などです。

原因

卵巣から血中に放出されている女性ホルモンであるエストロゲンが低下することで、生じます。血液検査でわかることも多いです。

対策

低下しているエストロゲンを補充してあげる治療が効果的です。
子宮体がん検診と乳がん検診が必要になります。
そのほか、漢方薬、安定剤、睡眠導入剤などが効果的な場合が多いです。

ひどくなる原因

悪化する原因は、閉経する50歳前後には、家庭では、子供さんが受験であったり、旦那様が転勤したり、仕事をしている女性は、管理職になり、責任が重くなったり、精神的にも、肉体的にも負荷がかかっていることが多い年代です。そこに、ホルモンの低下がおこりやすくなり、体調不良になることが多いです。

いつまで

多くは、55歳から60歳ごろには、軽快してきます。65歳をすぎても、症状がとれない方もいますが、少ないです。
内服を開始すると、劇的に良くなります。3ヶ月から6ヶ月で安定します。
相談するだけでも、症状は徐々に良くなる方もいますので、受診されることが、良くなるきっかけと思います。

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional